45歳にしてついにデトロイトショーデビュー!
塩見 智がコンセプトカーから次期日産車を読み解く

2018.01.24 デイリーコラム

あこがれのデトロイトショーにやってきた

不肖シオミ、45歳にして初めてNAIAS(North American International Auto Show)、すなわち北米国際自動車ショー、通称デトロイトショーを取材する機会に恵まれました。自動車メディアの片隅に身を置く者として、デトロイトショーを取材したことがないということの肩身の狭さを、どう例えれば皆さんにわかっていただけるでしょうか。ひとりだけ外国旅行へ行ったことがないような感じ? それとも冬休み明けの学校で紅白歌合戦について話が盛り上がるなか、自分だけ見ていない(けれどインターネットで得た知識でなんとなく話を合わせているような)感じでしょうか。違うか。

というのも、やはり世界で最初に自動車が大量生産された土地であり、長らく世界最大の自動車消費地だったアメリカのモーターショーなので、自動車の“最高”や“最先端”が披露される機会だったわけです。自動車雑誌を読みあさる学生時代や若手編集者時代、「会場内をマッスルカーが爆音を立てて走った」「演出で会場の外を無数の牛が歩き回っていた」「新しいクルマがガラスを突き破って登場した」などと、徳大寺有恒さんをはじめとする先輩ジャーナリストがデトロイトショー取材を書いた記事や写真を見ては、その規模の大きさ、演出の派手さに胸を躍らせていたものでした。いつか行けるかな? 

行けました。今年それがかなったのです。やった。デトロイトだ。モータウンだ。メディアパスを受け取り、自由に出入りすることを許されるリングを腕に巻いてもらって会場入り。朝イチのレクサスのプレスカンファレンスを皮切りに記念すべき私の初デトロイト取材がスタートしました。第一印象は、日本のビッグスリーが思った以上に幅を利かせているなということ。GM、フォード/リンカーン、FCAに次ぐブース面積と存在感を見せていたのが、トヨタ/レクサス、日産/インフィニティ、ホンダ/アキュラの3社で、それらはメルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン/アウディよりもブース面積が大きく、建て付けも立派に見えました。

デトロイトショーで公開されたコンセプトモデルの「クロスモーション」。筆者の見立てでは、これは次期「日産エクストレイル」だ。
デトロイトショーで公開されたコンセプトモデルの「クロスモーション」。筆者の見立てでは、これは次期「日産エクストレイル」だ。
あなたにおすすめの記事
新着記事