第126回:「i」コンセプトに見る未来のBMW 〜ドイツで開催された技術ワークショップに参加

2011.08.18 エッセイ

第126回:「i」コンセプトに見る未来のBMW 〜ドイツで開催された技術ワークショップに参加

BMWの野望

大勢のプレスでざわついていた会場が、急にシンと静まった。ヒューンという独特な走行音を発しながら、唐草模様に偽装された1台のスポーツカーが、会場を取りまくように周回しはじめたからだ。むろん屋内を走らせるわけだから、排出ガスゼロのモーター駆動である。そして始まったカウントダウン。プレスイベントの開始とともに、われわれの目の前に現れたのは、偽装を外した「i3」と「i8」だった。

バイエルン出身の、いかにも精力的な交通大臣が熱弁をふるう。いわく、「ドイツ製品は世界一」「BMWの電気自動車(EV)戦略を大歓迎する」「今政権でEVモビリティの端緒を作ったことに誇りを持つ」「今後も政策的にEVを支援する」「ナショナルプラットフォームを作る」「バイエルンがモデルとなってあらゆる法的支援、規制緩和を進める」、そして「その世界最先端のビジネスモデルを輸出し、新たなモビリティインフラビジネスにおいてドイツが世界ナンバー1を目指す」らしい……。 

それくらい日本人だってできるわい、と内心強がりつつも、政治家からこれだけ簡潔で力のこもったメッセージが発せられると、「してやられるんじゃないか!?」 という気にもなるってもんだ。がんばろうぜ、ニッポン。 

それはさておき、BMWのサブブランド「i」が、ついに正式発表された。従来型の自動車を中心とした人と社会とモビリティでは、経済や環境分野における急進的な変革期を乗り越えられないというのは常識的な見方だ。そこでBMWは、新たなパーソナルモビリティを提案することで、人と地球との新たなバランスを構築しようと今までのラインナップとは一線を画するサブブランドとして、「i」を生み出した。

このスタート地点の考え方が、最も重要だと思う。かみくだいて言えば、私のような20世紀型クルマ好きばかり相手にしておれん、それはそれで相手にしつつ(=従来のラインナップ)、次世代を担う人たちや未来の人々に向かってもうひとつの違うメッセージ(=「i」)を出しておこう、というわけだ。何だかホッとするような、そうでないような……。

社会的に見ても、また、産業的に見ても「パーソナルモビリティが大変革の時期に差し掛かっているのは紛れもない事実である。その分野においても、プレミアムな製品を提供し、ナンバー1の座を狙いたい」というのが企業としてのBMWの野望である。

そのために、彼らは当然のことのように、CO2ゼロを最終目標としている。もちろん、生産過程で発生するものから製品が発生するものまで、である。2013年に「i」シリーズの生産を始めるライプチヒ工場では、風力エネルギーを積極的に使い、これまでの工場に比べて50%以上の効率化と、70%以上の水資源抑制、さらにはグリーンエネルギー使用率100%を目指すという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ