谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)

2018.01.25 mobileCG

レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「アウディRS 5クーペ」である。450psを生み出す2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速をわずか3.9秒でこなすスーパークーペの豪快にして絶妙な味わいを、谷口がじっくり解説する!

 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大

安心感とドライビングプレジャーは表裏一体

「ボディーサイドのところに明暗がはっきりと出ているじゃないですか。僕的には、すごい好きですね、こういうの。あと、テール周りも僕の好みです」

アウディRS 5を目の前にして、谷口信輝はそう語り始めた。これまで谷口には「R8」や「S5」に試乗してもらったが、いずれも大絶賛。そのシャシーやパワートレインが彼の好みにあっていることは確認済みだが、唯一、不満を漏らしていたのがそのデザインだった。どうやらアウディのスタイリングはすっきりとしすぎていて、谷口の心に深い印象を与えなかったようだが、RS 5では初めてポジティブな評価が下った。

もっとも、これは肝心の試乗を行うまえの、第一印象にすぎない。果たして、新型RS 5はまたも谷口に感銘を与えることができるのか? 私たちは期待と不安を抱きながら、谷口のドライブで走り去るRS 5の後ろ姿を見送った。

試乗を終え、取材のベースとなる駐車場に戻ってきた谷口は、開口一番、こうコメントしたのである。
「いや、もう、素晴らしいですよ。ここから走り始めて、加速していく感じとか、あのカーブをすっと曲がったときの印象とか、まあ素晴らしいのひと言ですね」

RS 5のどこが谷口をそれほど強く捉えたのか?
「絶対的な安心感ですよね。もう、なにも怖くない」
これは、アウディを評価する際に谷口がよく口にする言葉だ。
「安心感が強いから自信を持ってコーナーに進入できる」「安心感が強いからコーナリングが楽しい」
谷口にとって、安心感とドライビングプレジャーは密接に結びついているようで、これがアウディを高く評価する大きな理由になっていると私はにらんでいる。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
RS 5アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> まだ寝静まった早朝の都市を「アウディA5カブリオレ」で行く。ソフトトップを畳むと、頭上に冬の高く青い空が広がった。カブリオレでしか味わえない、心が解き放たれる瞬間だ。A5カブリオレで街を流せば、空がいつもと違って見えてくるだろう。
  • アウディQ3 2018.7.26 画像・写真 2011年のデビュー以来、初のモデルチェンジが実施された「アウディQ3」。2代目となる新型は従来モデルに比べて、ボディーサイズ、居住空間ともに拡大されている。その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.8.11 試乗記 アストンマーティンの新型フラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」が登場。「DB11」をベースに大幅な軽量化とパワーアップを図ったFRライン最高峰モデルは、超高性能スポーツカーでありながら快適なGTという性格も併せ持っていた。
  • ホンダ・ゴールドウイング(MR/7AT)【レビュー】 2018.8.7 試乗記 400kgに迫る車両重量、1.8リッターの水平対向6気筒エンジンと、あらゆる部分が規格外なホンダのフラッグシップモデル「ゴールドウイング」。6代目となる新型は、遠乗りに特化したクルーザーかと思いきや、“操る”ことを積極的に楽しめる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る