谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)

2018.01.25 mobileCG

レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「アウディRS 5クーペ」である。450psを生み出す2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速をわずか3.9秒でこなすスーパークーペの豪快にして絶妙な味わいを、谷口がじっくり解説する!

 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(前編)の画像拡大

安心感とドライビングプレジャーは表裏一体

「ボディーサイドのところに明暗がはっきりと出ているじゃないですか。僕的には、すごい好きですね、こういうの。あと、テール周りも僕の好みです」

アウディRS 5を目の前にして、谷口信輝はそう語り始めた。これまで谷口には「R8」や「S5」に試乗してもらったが、いずれも大絶賛。そのシャシーやパワートレインが彼の好みにあっていることは確認済みだが、唯一、不満を漏らしていたのがそのデザインだった。どうやらアウディのスタイリングはすっきりとしすぎていて、谷口の心に深い印象を与えなかったようだが、RS 5では初めてポジティブな評価が下った。

もっとも、これは肝心の試乗を行うまえの、第一印象にすぎない。果たして、新型RS 5はまたも谷口に感銘を与えることができるのか? 私たちは期待と不安を抱きながら、谷口のドライブで走り去るRS 5の後ろ姿を見送った。

試乗を終え、取材のベースとなる駐車場に戻ってきた谷口は、開口一番、こうコメントしたのである。
「いや、もう、素晴らしいですよ。ここから走り始めて、加速していく感じとか、あのカーブをすっと曲がったときの印象とか、まあ素晴らしいのひと言ですね」

RS 5のどこが谷口をそれほど強く捉えたのか?
「絶対的な安心感ですよね。もう、なにも怖くない」
これは、アウディを評価する際に谷口がよく口にする言葉だ。
「安心感が強いから自信を持ってコーナーに進入できる」「安心感が強いからコーナリングが楽しい」
谷口にとって、安心感とドライビングプレジャーは密接に結びついているようで、これがアウディを高く評価する大きな理由になっていると私はにらんでいる。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
RS 5アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
ホームへ戻る