第163回:老夫婦はキャンピングカーで最後の旅に出る
『ロング,ロングバケーション』

2018.01.25 読んでますカー、観てますカー

1970年代のウィネバゴで南へ

ヘレン・ミレン72歳、ドナルド・サザーランド82歳。主人公を演じる俳優は合わせて154歳だ。『ロング,ロングバケーション』 は、老夫婦がボストンからフロリダへ旅するロードムービーである。アメリカ東海岸の北部から最南端までは約2700km。50年の結婚生活で何度も一緒に旅行に出掛けた古いキャンピングカー「ウィネバゴ・レジャーシーカー」に乗っていく。1970年代のモデルだろう。

内装はいい感じにヤレていて、生活臭に満ちている。ダッシュボードの上に扇風機が2つ据えられていたりして、手作りカスタム感がいい雰囲気だ。エンジンにガタがきていることは、さすがにちょっと気になる。マフラーから常に白煙が出ているのは、オイル上がりかオイル下がり、あるいはその両方だろう。排気がクリーンでない様子が繰り返し映される理由は、ラスト近くになってわかる。

ジョン(サザーランド)とエラ(ミレン)は結婚して50年になる。高齢だから、体調は万全ではない。子供たちはエラを入院させることにしていたが、彼女は早朝に家を出た。2人がいないことがわかって大騒ぎになるが、エラは息子に電話して「旅行に行くだけ」と話す。そう言われても、安心できるはずがない。彼らが心配しているのは、むしろジョンのほうなのだ。

しばらく走って昼時になり、エラはそろそろランチにしようと夫に話しかける。彼も腹は減っているようなのだが、「I want a burger……」としか言わず、なんだか上の空だ。もともとはヘミングウェイを研究していたインテリだが、認知症が進行している。自分が何をしているのか、どんな状態にあるのか、はっきりとはわかっていない。レストランでは、ウエートレス相手に文学論を講義し始める始末だ。

© 2017 Indiana Production S.P.A.
© 2017 Indiana Production S.P.A.
 
第163回:老夫婦はキャンピングカーで最後の旅に出る『ロング,ロングバケーション』 の画像
 
第163回:老夫婦はキャンピングカーで最後の旅に出る『ロング,ロングバケーション』 の画像
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事