【デトロイトショー2018】FCA、新型「ラム1500」ピックアップを初公開

2018.01.25 自動車ニュース
「ラム1500」がモデルチェンジ。マイルドハイブリッド車が登場した。
「ラム1500」がモデルチェンジ。マイルドハイブリッド車が登場した。拡大

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は米国・デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで、新型「ラム1500」ピックアップを初公開した。

 
【デトロイトショー2018】FCA、新型「ラム1500」ピックアップを初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2018】FCA、新型「ラム1500」ピックアップを初公開の画像拡大
 
【デトロイトショー2018】FCA、新型「ラム1500」ピックアップを初公開の画像拡大

マイルドハイブリッド車が登場

ラム1500は、FCA傘下のラムブランドのフルサイズ・ピックアップトラック。10年ぶりのフルモデルチェンジで、新型は通算で5世代目に当たる。

今回新たに「eTorque」と呼ばれるマイルドハイブリッドシステム搭載車が登場した。これは従来のオルタネーターに代えてベルト駆動のジェネレーターを搭載し、これに48Vのバッテリーパックを組み合わせたもの。アイドリングストップ時のエンジン再始動や短時間の駆動アシスト、および回生ブレーキの機能を持つ。

3.6リッターV6“ペンタスター”と5.7リッターV8“HEMI”の2機種のエンジンと組み合わされ、3.6リッターV6では122Nm、5.7リッターV8では176Nmのトルクを追加する。

システム全体の出力とトルクは、3.6リッターV6が309psおよび365Nm、5.7リッターV8が400psおよび556Nmと発表されている。

(webCG)

関連キーワード:
デトロイトショー2018モーターショーラムFCA自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事