ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場

2018.01.26 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー トラックホーク」
「ジープ・グランドチェロキー トラックホーク」拡大

FCAジャパンは2018年1月25日、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に、新たなトップグレードとなる「Trackhawk(トラックホーク)」を追加設定し、受注を開始した。

 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大

最高出力は707hp、最大トルクは875Nm

グランドチェロキー トラックホークは、オフロード性能に加えて、サーキットでの走行性能も追求したハイパフォーマンスSUVである。ジープ史上最速であることがうたわれている。

そのパワーユニットは、最高出力707hpと最大トルク875Nmを発生する6.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジン。8段ATを介して4輪を駆動し、動力性能は、0-60mph(約97km/h)加速が3.5秒、最高速度が180mph(約290km/h)と公表される。

足まわりには、フロント6ピストン、リア4ピストンのブレンボ製ブレーキキャリパー(イエロー塗装)と大径ブレーキディスク、ビルシュタイン製の可変減衰力機能付きサスペンションが装着される。

エクステリアでは、大開口タイプのフロントバンパーやリップスポイラーなどにより、高性能モデルとしての存在感を主張。一方、インテリアでは標準のスエード・ナッパレザーシートに加えて、ラグーナレザーシート(64万8000円のオプション)も設定される。さらに、インフォテインメントシステムとして、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応した第4世代の「Uconnect」車載情報システムも備えている。

ボディーカラーは「ビレットシルバーメタリックC/C」や「ブライトホワイトC/C」など、全9色が設定される。

価格は1230万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
グランドチェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド【試乗記(前編)】 2007.3.16 試乗記 ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド

    「ジープ・ラングラー」が10年ぶりにフルモデルチェンを受け、2007年3月16日発売された。新たに4ドアモデルが追加された新型に試乗。まずはその変更内容から。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る