スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】

2011.08.17 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】スマート・フォーツーのEVが新世代へ

独ダイムラーは2011年8月16日、電気自動車(EV)である「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ(ED)」の新型をフランクフルトショーに出展すると発表した。

2006年7月のロンドンモーターショーで初めて発表された「スマート・フォーツーED」は、2009年8月にベース車両やバッテリーなどを変更して第2世代へ進化。そしてこのたび、フランクフルトショーでお披露目されるのが第3世代の新型である。

先代型からの主要な変更点はパワートレインとなる。モーターは定格出力27ps、最高出力41psのものから、定格出力48ps、最高出力75psのものに置き換えられ、大幅にパワーアップ。トルクも12.2kgmから13.3kgmに向上した。その結果、最高速度は100km/hから120km/hに伸び、0-60km/h加速は従来の6.5秒から5秒に短縮されたという。
搭載されるリチウムイオンバッテリーも、サプライヤーをテスラ社からDeutsche Accumotive社に変更。通常走行では航続距離が140kmとなり、さらに急速充電もできるようになった。

LEDのデイタイムドライビングライトを備えて大きくなったラジエーターグリルや、ワイドになったドアシルなどが、従来型からの相違点。ボディカラーはガソリンやディーゼル車と同じものを選択できるが、ED専用色として新色のフレッシュグリーンが用意された。さらに、エレクトリックドライブデザインパッケージを選ぶことで、白いホイールに加え、グリーンのトリディオンセルやミラーキャップなど、グリーンのアクセントを所々に配した内外装も与えられる。

iPhoneとの連係機能も新しい。アプリを用いて、画面には車両情報などが表示させたり、公共の給電ステーションなどを案内したりすることができるという。
新型スマート・フォーツーEDの販売は2012年春から、30を超える国でスタートする予定だ。

(webCG 本諏訪)

 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
  • 「Eクラス」史上最速の「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」発売 2017.5.31 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月31日、「Eクラス セダン」のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」を発表し、同日、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • 装備が充実した2タイプの「レンジローバー イヴォーク」限定発売 2017.6.9 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月8日、プレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の限定車「レンジローバー イヴォークFREE_STYLE(フリースタイル)」と「レンジローバー イヴォークCOOL_STYLE(クールスタイル)」を発表。同日、受注を開始した。
ホームへ戻る