スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】

2011.08.17 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】スマート・フォーツーのEVが新世代へ

独ダイムラーは2011年8月16日、電気自動車(EV)である「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ(ED)」の新型をフランクフルトショーに出展すると発表した。

2006年7月のロンドンモーターショーで初めて発表された「スマート・フォーツーED」は、2009年8月にベース車両やバッテリーなどを変更して第2世代へ進化。そしてこのたび、フランクフルトショーでお披露目されるのが第3世代の新型である。

先代型からの主要な変更点はパワートレインとなる。モーターは定格出力27ps、最高出力41psのものから、定格出力48ps、最高出力75psのものに置き換えられ、大幅にパワーアップ。トルクも12.2kgmから13.3kgmに向上した。その結果、最高速度は100km/hから120km/hに伸び、0-60km/h加速は従来の6.5秒から5秒に短縮されたという。
搭載されるリチウムイオンバッテリーも、サプライヤーをテスラ社からDeutsche Accumotive社に変更。通常走行では航続距離が140kmとなり、さらに急速充電もできるようになった。

LEDのデイタイムドライビングライトを備えて大きくなったラジエーターグリルや、ワイドになったドアシルなどが、従来型からの相違点。ボディカラーはガソリンやディーゼル車と同じものを選択できるが、ED専用色として新色のフレッシュグリーンが用意された。さらに、エレクトリックドライブデザインパッケージを選ぶことで、白いホイールに加え、グリーンのトリディオンセルやミラーキャップなど、グリーンのアクセントを所々に配した内外装も与えられる。

iPhoneとの連係機能も新しい。アプリを用いて、画面には車両情報などが表示させたり、公共の給電ステーションなどを案内したりすることができるという。
新型スマート・フォーツーEDの販売は2012年春から、30を超える国でスタートする予定だ。

(webCG 本諏訪)

 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツー エレクトリックドライブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る