スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】

2011.08.17 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】スマート・フォーツーのEVが新世代へ

独ダイムラーは2011年8月16日、電気自動車(EV)である「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ(ED)」の新型をフランクフルトショーに出展すると発表した。

2006年7月のロンドンモーターショーで初めて発表された「スマート・フォーツーED」は、2009年8月にベース車両やバッテリーなどを変更して第2世代へ進化。そしてこのたび、フランクフルトショーでお披露目されるのが第3世代の新型である。

先代型からの主要な変更点はパワートレインとなる。モーターは定格出力27ps、最高出力41psのものから、定格出力48ps、最高出力75psのものに置き換えられ、大幅にパワーアップ。トルクも12.2kgmから13.3kgmに向上した。その結果、最高速度は100km/hから120km/hに伸び、0-60km/h加速は従来の6.5秒から5秒に短縮されたという。
搭載されるリチウムイオンバッテリーも、サプライヤーをテスラ社からDeutsche Accumotive社に変更。通常走行では航続距離が140kmとなり、さらに急速充電もできるようになった。

LEDのデイタイムドライビングライトを備えて大きくなったラジエーターグリルや、ワイドになったドアシルなどが、従来型からの相違点。ボディカラーはガソリンやディーゼル車と同じものを選択できるが、ED専用色として新色のフレッシュグリーンが用意された。さらに、エレクトリックドライブデザインパッケージを選ぶことで、白いホイールに加え、グリーンのトリディオンセルやミラーキャップなど、グリーンのアクセントを所々に配した内外装も与えられる。

iPhoneとの連係機能も新しい。アプリを用いて、画面には車両情報などが表示させたり、公共の給電ステーションなどを案内したりすることができるという。
新型スマート・フォーツーEDの販売は2012年春から、30を超える国でスタートする予定だ。

(webCG 本諏訪)

 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像
 
スマート・フォーツーのEVが新世代へ【フランクフルトショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツー エレクトリックドライブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
ホームへ戻る