第539回:光もあれば影もある
巨大メーカーFCAの決算発表に思うこと

2018.02.02 マッキナ あらモーダ!

利益は93%増し!

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は2018年1月25日、2017年度の通期決算を発表した。これをもとに、今回はFCAの最新よもやま話を。

売上高は1109億ユーロで、2016年の1110億ユーロからやや減少した。しかし純利益は35億1000万ユーロで、前年比で93%増と大きな伸びを記録。修正後の純利益も37億7000万ユーロで、50%増益となった。

出荷台数は474万台で、2016年の472万台と比べて2万台増加した。

一方、負債は2016年の45億8500万ユーロから23億9000万ユーロへと大幅に減少した。この発表により、当日のミラノ証券取引所におけるFCA株は3.7%上昇し、20ユーロ台をつけた。

FCAは好調の理由を「主要マーケットにおいて、アルファ・ロメオの『ジュリア』と『ステルヴィオ』を投入したため」としている。地域別にみると、アメリカでの販売台数はフリート需要減少が響いたものの、アルファ・ロメオ・ジュリアとステルヴィオの本格的な販売開始、「ジープ・グランドチェロキー」および「同コンパス」の好調のおかげで、減少は8%にとどまった。2017年の同国におけるセールスは、前年比2232%増(!)と、伸び率ではケタ違いのトップとなっている。

ヨーロッパ、中東およびアフリカ地区では、このステルヴィオやコンパスに加え、「フィアット・ティーポ」の人気が貢献した。知り合いのイタリア人セールスマンも、トルコ工場製ティーポの人気を認める。理由を聞けば「なにしろ『パンダ』の上級モデルの値段で、フル装備のティーポが買えるんだから」と説明する。2017年のイタリア国内登録台数では、なんと「フィアット500」(5万3960台)を抜いて第3位(5万6046台)に浮上した。

「アルファ・ロメオ・ジュリア」。米国では20年ぶりに再上陸を果たした同ブランドを、SUVの「ステルヴィオ」とともにけん引する。
「アルファ・ロメオ・ジュリア」。米国では20年ぶりに再上陸を果たした同ブランドを、SUVの「ステルヴィオ」とともにけん引する。
「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」
「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」
「フィアット・ティーポ」
「フィアット・ティーポ」
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事