実はこんなに面白い!
日本勢も活躍する「ダカールラリー」の“今”を語る

2018.01.31 デイリーコラム

いまやゴールはダカールではない?

世界最大のクロスカントリー競技である「ダカールラリー(Dakar Rally)」。いまや、このネーミングと実体とは、大きく乖離(かいり)している。

ルーツは1979年にパリをスタートし、西アフリカのダカールを目指していた「パリ-ダカールラリー」、通称“パリダカ”である。当時は「三菱パジェロ」の活躍もあって日本での認知度は高かった。バブル景気の後押しもあって、テレビ番組やコマーシャルで多く取り上げられ、日本国内では4WDのSUVが爆発的に売れた。イベント効果と販売がシンクロし、パリダカの名前は一気に浸透した。

本来はアマチュア主体の冒険的な意味合いが強かったイベントだが、知名度が上がり自動車メーカーがワークス参戦し始めると、その様相は様変わりする。同時に、アフリカ諸国に潜む局所的な混乱因子(テロや犯罪組織)がその知名度を利用しようとして加わり、大会は大混乱に陥った。誘拐、爆破、死亡事故などなど、事態はもはやモータースポーツの範疇(はんちゅう)を限りなく超えたものとなってしまった。

それに対処するために、主催者は一度だけ中止になった2008年大会を境に、開催地を新たに南米大陸に求めた。この時から「パリダカ」は「ダカールラリー」となった。しかしその行きつく先に、いま「ダカール」はない。また「ラリー」と称しているが、正確にはダカールラリーは「クロスカントリーレイド」というカテゴリーに属する。道だけを走るラリーと、ありとあらゆる場所を走り抜けるレイドとは、競技形態も違う。

とはいえ、「ダカールラリー」というネーミングが、かつての冒険へのオマージュとしてとても大切にされているのがわかるだろう。

砂じんを巻き上げて砂漠を走るチーム・プジョー・トタルの「3008DKR Maxi」。
砂じんを巻き上げて砂漠を走るチーム・プジョー・トタルの「3008DKR Maxi」。
現在、ダカールラリーは南米大陸を舞台に開催されている。写真はスタート地点であるペルー・リマのサービスパークにて、集合写真を撮るチーム・プジョー・トタル。
現在、ダカールラリーは南米大陸を舞台に開催されている。写真はスタート地点であるペルー・リマのサービスパークにて、集合写真を撮るチーム・プジョー・トタル。
日本では取り上げられる機会の少ないダカールラリーだが、日系メーカーも積極的に挑戦を続けている。写真は2018年大会の四輪部門に参戦した「トヨタ・ハイラックス」。
日本では取り上げられる機会の少ないダカールラリーだが、日系メーカーも積極的に挑戦を続けている。写真は2018年大会の四輪部門に参戦した「トヨタ・ハイラックス」。
2018年大会で総合優勝に輝いた、チーム・プジョー・トタルのカルロス・サインツ(写真右)。
2018年大会で総合優勝に輝いた、チーム・プジョー・トタルのカルロス・サインツ(写真右)。
あなたにおすすめの記事
新着記事