フェルナンド・アロンソがトヨタからWEC 2018に参戦

2018.01.31 自動車ニュース
「TS050 ハイブリッド」でテスト走行に臨む、フェルナンド・アロンソ。
「TS050 ハイブリッド」でテスト走行に臨む、フェルナンド・アロンソ。拡大

トヨタ自動車は2018年1月30日、TOYOTA GAZOO Racingから2018-19シーズンのWEC(世界耐久選手権)に参戦するドライバーのラインナップを発表した。フェルナンド・アロンソが新たにチームに加わることになる。

フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソ拡大

チームは既にフランス西部自動車クラブ(ACO)へ参戦の登録を申請しており、ルマン24時間レース2戦を含む全8戦からなる2018-19シーズンに2台のハイブリッドマシンで参戦する予定。ルマン優勝と共にシリーズチャンピオンを目指す。

参戦車両は2017年シーズンの「TS050 ハイブリッド」にさらなる熟成を加えたもので、7号車のドライバーは2017年シーズンと同様、マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスの3人。8号車には、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴のほか、新たにフェルナンド・アロンソが加わる。

マクラーレンからF1に参戦しているフェルナンド・アロンソにとっては、5月に開催される開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レースがWEC LMP1カテゴリーのデビュー戦となり、F1と日程が重ならないすべての2018-19シーズンのWEC全戦に参戦する予定だ。

この布陣について、TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表の村田久武氏は、「フェルナンドはWECではルーキーになるが、長年にわたるトップレベルでの活躍は周知のことであり、必ずチームに貢献してくれるものと信じている」とコメント。

アロンソも「ルマンは以前から参戦を夢見てきたレース。豊富な経験を持つセバスチャン、一貴の2人から学びながら、ともに戦うのを楽しみにしている」と語った。

なお、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴と共に5勝を挙げたアンソニー・デビッドソンは、リザーブ兼開発ドライバーとしてチームに残留する。

(webCG)

関連キーワード:
モータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事