第164回:運転注意! 木陰から少女があなたを狙っている……
『RAW~少女のめざめ~』

2018.02.01 読んでますカー、観てますカー

田舎道でサーブが並木に激突

眺望の開けた野原の中を、まっすぐな道が通っている。空は高く、並木が色づき始めているから、季節は秋に向かっているらしい。ヨーロッパでドライブする時、一番気持ちのいいシチュエーションだろう。目をつり上げてアウトバーンを飛ばすばかりでは味気ない。のんびり田舎道を走って風景を眺めながら走るのは無上の楽しみだ。

1台のクルマが走ってきた。「サーブ9-3」である。ちょっとスピードを出し過ぎのように見えるが、対向車もいないし危険はなさそうだ。平和なドライブが続くかに思えたが、木陰から不意に少女が飛び出した。回避動作は間に合わず、サーブは並木に激突してしまう。無残に変形したボンネットからは水蒸気が上がっている。運転席の人影は動く様子がない。少女は驚いたそぶりも見せず、平然とドアを開ける。どうやら、彼女は故意に事故を引き起こそうとしたらしい……。

『RAW~少女のめざめ~』は、日頃クルマを運転する者にとって恐怖でしかないシーンから始まる。自動ブレーキが付いていたとしても避けようのない状況だ。彼女がドライバーを死亡させる意図を持って行動していたとしたら、そしてその死体こそが欲望の対象だったとしたら……。いや、先走るのはやめよう。

タイトルが表示されると、一転して親子3人の食事シーンになる。皿の上にあるのはマッシュポテトだけ。貧乏だから肉や魚を注文できないのではない。マッシュポテトの中にミートボールが混入しているのを見つけると、母親がマジギレして店員を怒鳴りつける。彼らは厳格なベジタリアンなのだ。

16歳のジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は、生まれてからずっと野菜だけを食べ続けてきた。恋愛経験ゼロで、世間知らずである。学校の成績は優秀らしく、獣医科大学に進むことになっている。姉のアレックス(エラ・ルンプフ)が一足先に入学していて、これから彼女も親元を離れて寮生活に入るのだ。

© 2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.拡大
「サーブ9-3」
1992年に2代目となった「900」が1998年にマイナーチェンジを受けた際に名称変更。2003年に2代目となったが、サーブの経営破綻で生産が終了した。映画に登場するのは初代モデル。
「サーブ9-3」
	1992年に2代目となった「900」が1998年にマイナーチェンジを受けた際に名称変更。2003年に2代目となったが、サーブの経営破綻で生産が終了した。映画に登場するのは初代モデル。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事