モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売

2018.02.01 自動車ニュース
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」
「ベントレー・フライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナー」拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2018年2月1日、スポーティーサルーン「フライングスパーV8 S」に特別仕様車「ストラトゥスエディションbyマリナー」を設定し、20台の台数限定で発売した。

 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大
 
モチーフは層雲、「ベントレー・フライングスパーV8 S」の限定車発売の画像拡大

ストラトゥスとは層雲を意味する言葉で、今回のフライングスパーV8 S ストラトゥスエディションbyマリナーにはその名の通り、「オニキス」(ブラック)と「グレイシアホワイト」の、層雲を想起させる2色のボディーカラーが設定される。

このほかエクステリアには、21インチのダークティント仕上げのアルミホイールやレッドのブレーキキャリパーが装備されるほか、ボディーサイドにはマリナーのファインラインとダークティントのユニオンジャックバッジが添えられる。

インテリアは「ベルーガ」(ブラック)と「ポーポイズ」(グレー)の2色を基本に、ボディーカラーがオニキスの場合は「アズールパープル」の、グレイシアホワイトの場合は「リネン」(グレーホワイト)のアクセントがそれぞれ加えられる。また、インストゥルメントパネルにはチタンエンリッチカーボンファイバー製パネルが採用されるほか、ステアリングホイールの0時の位置にはストライプ装飾が施される。

価格は2350万円で、2018年第1四半期のデリバリーを予定している。

(webCG)

「ベントレー・フライングスパーV8 Sストラトゥスエディションbyマリナー」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
フライングスパーベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.31 試乗記 「BMW 6シリーズ」に、リアに巨大なハッチを備えた「グランツーリスモ」が仲間入り。まずは特徴的なスタイリングに目を奪われがちだが、その価値は見た目のみにあらず! リポーターを驚かせた、現行BMW車のラインナップで一番ともいえるポイントとは!?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」がマイナーチェンジ 2018.7.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年7月25日、「メルセデス・ベンツCクラス」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、注文受け付けを開始した。今回はセダンとステーションワゴン、クーペ、カブリオレを同時にリニューアルした。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2018.7.24 試乗記 スウェーデンのバイクブランド、ハスクバーナから、待望のロードモデル「ヴィットピレン401」がデビュー。他のどんなバイクにも似ていない北欧の“白い矢(VITPILEN)”は、欠点を探すのが難しいほどに完成度の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る