第125回:往年のモータースポーツシーンがよみがえる! 
〜ドイツの「ゾリチュード・リバイバル」を訪ねる

2011.08.17 エッセイ

第125回:往年のモータースポーツシーンがよみがえる! 〜ドイツの「ゾリチュード・リバイバル」を訪ねる

人もクルマも盛りだくさん

ドイツのヒストリックカーイベント「ゾリチュード・リバイバル2011」

7月末、「ポルシェ・パナメーラターボS」の試乗のため向かったドイツでは、ポルシェが面白いプログラムを用意してくれていた。2011年7月22〜24日に開催されたヒストリックカーイベント「ゾリチュード・リバイバル」に招いてくれたのだ。

会場のゾリチュードリンクはシュトゥットガルトから車で20分ほど行ったところにあるサーキットだ。といってもここは常設ではなく、公道を封鎖したコース。歴史は古く、1903年にはモーターサイクルによるヒルクライムイベントが開催されていたという。コースがほぼ固まったのは1935年のこと。この全長11kmにもおよぶハイスピードのマウンテンコースでは、戦前から戦後にかけてモーターサイクルの、そして戦後には自動車のレースが多数開催される。1960年代に入るとF1も開催されるが、1965年にはすべてのレース開催が終了してしまったのだ。

「ゾリチュード リバイバル」とは、つまりここがモータースポーツの聖地のひとつだった頃の熱狂を今に再現するイベントといえる。とはいってもレースをするわけではない。戦前も戦後も2輪も4輪も問わず、往年のシーンを彩ったマシンが集まり、しかも展示されるだけでなく実際に走る。そんなイベントなのである。

こうしたヒストリックモータースポーツのイベントは最近盛んになっている。有名なところではイギリスの「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」などが挙げられるが、それに比べるとゾリチュードは知名度は高くなく、行く前にはそこまで大きな期待を抱いていたわけではなかった。
しかし、実際に訪れてみて驚いた。参加車両も参加者も、そして観客もものすごい数に上り、さらには参加車両も、まさに貴重なモデルが盛りだくさんだったのである。実はここ、1952年のモーターサイクルのGPでは、50万人の観客が集まったという。見くびってはいけなかったのだ。

スタートラインから順番に走り出すマシン達。「ランチア・ストラトス」「フェラーリ330P4」「ポルシェ910」「メルセデス・ベンツ300SL」……と垂涎(すいぜん)の名車が続く。このあたりは観客の数もひと際多く、1台1台が走り出すたびに大歓声が巻き起こっていた。(S)
スタートラインから順番に走り出すマシン達。「ランチア・ストラトス」「フェラーリ330P4」「ポルシェ910」「メルセデス・ベンツ300SL」……と垂涎(すいぜん)の名車が続く。このあたりは観客の数もひと際多く、1台1台が走り出すたびに大歓声が巻き起こっていた。(S)
手前は1969年の「ロータス49C」、そして奥が1970年の「ロータス72」。美しいゴールドリーフカラーのF1マシン2台は存在感抜群だ。ドライバー達のスーツもそれらしい雰囲気。しかも彼らはレストアされた当時のロータスのトランスポーターまで持ち込み、パドックの空気を70年当時にタイムスリップさせていたのだ。 (S)
手前は1969年の「ロータス49C」、そして奥が1970年の「ロータス72」。美しいゴールドリーフカラーのF1マシン2台は存在感抜群だ。ドライバー達のスーツもそれらしい雰囲気。しかも彼らはレストアされた当時のロータスのトランスポーターまで持ち込み、パドックの空気を70年当時にタイムスリップさせていたのだ。
(S)
パドック内で、さながら休憩所のようになっていた車両運搬車。よく見ると、そのヘッド部分は「シトロエンDS」なのだった。そのキャビンの後ろが切り落とされ、2台のマシンを載せられるほどの荷台が付いている。トレーラーではなく、直付け。全長、一体何メートルなんだろう? (S)
パドック内で、さながら休憩所のようになっていた車両運搬車。よく見ると、そのヘッド部分は「シトロエンDS」なのだった。そのキャビンの後ろが切り落とされ、2台のマシンを載せられるほどの荷台が付いている。トレーラーではなく、直付け。全長、一体何メートルなんだろう?
(S)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ