第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ

2018.02.08 エディターから一言
 
第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブの画像

新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。

SGPを初めて採用した5代目「インプレッサ」は2016年10月にデビュー。写真のハッチバック「インプレッサスポーツ」とセダン「インプレッサG4」がラインナップされる。
SGPを初めて採用した5代目「インプレッサ」は2016年10月にデビュー。写真のハッチバック「インプレッサスポーツ」とセダン「インプレッサG4」がラインナップされる。
2017年5月に販売が開始された新型「XV」は、「インプレッサXV」と名乗っていた初代モデルから数えて3代目にあたる。エンジンは2リッターと1.6リッターをラインナップ。駆動方式は全車AWD(全輪駆動)となる。
2017年5月に販売が開始された新型「XV」は、「インプレッサXV」と名乗っていた初代モデルから数えて3代目にあたる。エンジンは2リッターと1.6リッターをラインナップ。駆動方式は全車AWD(全輪駆動)となる。
車種によって4種類のAWDシステムを使い分けるスバル。「インプレッサ」「XV」には、燃費と安定性を重視した電子制御AWDシステム「アクティブトルクスプリットAWD」が採用されている。
車種によって4種類のAWDシステムを使い分けるスバル。「インプレッサ」「XV」には、燃費と安定性を重視した電子制御AWDシステム「アクティブトルクスプリットAWD」が採用されている。

降雪地で特に人気の新型XV

SGPを最初に採用したインプレッサに続き、兄弟車ともいえるXVを投入したスバル。2017年の両モデル合わせた総販売台数は、前年比172.5%となる7万3171台を記録。2モデルの合計とはいえ、車名別の年間販売台数ランキングでも13位にランクインする人気ぶりだ。

インプレッサ、XVともに1.6リッターと2リッターをラインナップするが、販売の傾向としては、両車ともユーザーの約80%が2リッターモデルを選択。また駆動方式は、FWDとAWDの選択が可能なインプレッサでは、セダンの「G4」で57%、ハッチバックの「スポーツ」で53%と半数以上がAWD車を選んでいる。

新型XVの受注は全国平均で先代比255%と好調で、販売地域別に見ると、特に北海道、東北、北信越、北関東の東日本エリアで前年比約2.5~2.9倍と大幅に増加。降雪地でのユーザー拡大に成功している。これは1.6リッター車の新設定の効果が大きく、XVのエントリー価格を抑えることで、実用車としてのニーズに応えることができたようだ。

このように雪国でも人気を博する新世代スバルの試乗の舞台となるのは、岩手・安比高原をスタートし、十和田湖畔と八甲田山の山間部を通り抜け、JR新青森駅をゴールとする全長約190kmのコース。高速道路を含めた市街地走行が中心となる前半部と、十和田湖畔と八甲田山の峠道を中心とした後半部で、2モデルを乗り換えるというプログラムである。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る