第477回:貴重な「スカイラインGTS-R」のレースカーが復活!
名車再生にまつわる魅惑のエピソードを紹介する

2018.02.06 エディターから一言
「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」と、同車の再生に関わった日産名車再生クラブのメンバーたち。
「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」と、同車の再生に関わった日産名車再生クラブのメンバーたち。拡大

日産名車再生クラブが1年の時間をかけてレストアした、欧州ツーリングカー選手権出場車の「スカイラインGTS-R」。作業の過程で明らかになった数々のエピソードを、実車の詳細な写真とともにリポートする。

今回レストアされた「スカイラインGTS-R」は、スカイラインの中でも初めて本格的に海外のレースに投入された車両である。
今回レストアされた「スカイラインGTS-R」は、スカイラインの中でも初めて本格的に海外のレースに投入された車両である。拡大
軽量化のため、インテリアではダッシュボードとドアパネルを残し、内張りがすっかり剥がされている。
軽量化のため、インテリアではダッシュボードとドアパネルを残し、内張りがすっかり剥がされている。拡大
1脚だけ装着されたフルバケットシート。車内に張り巡らされた白いロールバーが物々しい。
1脚だけ装着されたフルバケットシート。車内に張り巡らされた白いロールバーが物々しい。拡大
フロントウィンドウを飾る「NISSAN GTS-R」のステッカー。
フロントウィンドウを飾る「NISSAN GTS-R」のステッカー。拡大

スカイラインの歴史を語る上で欠かせない一台

2018年1月20日、日産名車再生クラブが神奈川県厚木市の日産テクニカルセンターにおいて、2017年度の再生車両「1988年 欧州ツーリングカー選手権出場車 スカイラインGTS-R」の再生完了宣言式を行った。

まずは日産名車再生クラブについて簡単に紹介したい。同クラブは、日産自動車の開発拠点である日産テクニカルセンターの従業員を中心としており、関連会社の従業員とともに旧車のレストア活動を行っている。毎年1台のペースで行うレストアの対象は、市販車をベースとしたモータースポーツ車両を基本としており、日産ヘリテージコレクション(座間記念庫)の中から選ばれる。活動は土日を中心とした就業時間外に実施。それだけに、毎年公募で集められるメンバーには、クラシカルな日産車が好きなだけでなく、課題となるレストア車への思い入れが強い人たちが集まる。今回も社内の熱心なR31ファンが参加していたという。

先述の通り、2017年のレストア車は1988年スカイラインGTS-RのETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車。当時、全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦していたものと同じグループA仕様のGTS-Rを欧州に送り込み、ETCに投入した車両そのものだ。R31が選ばれた理由は、昨年はスカイラインの生誕60周年に加え、R31も生誕30周年だったこと。そして、同車両がワークススカイラインとして初めてグローバルにモータースポーツ活動を行ったものであることが挙げられる。レストアのため、保存車の素性を調査した結果、同車両は1988年のスパ・フランコルシャン24時間レース(SPA)でシーズン最高位となる6位に輝いていたことから、SPA仕様にレストアすることを決定。当時の写真など資料を入手し、その仕様が厳密に再現された。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!? 2018.4.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第87回は「目指したのは海外でも通用する昭和!?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー第4弾。「GT-R」のデザインに込められた思いとは? カーデザインに対する中村氏のホンネが炸裂!
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る