第476回:車中泊できるメルセデスVクラスが登場
ジャパンキャンピングカーショー2018開催

2018.02.04 エディターから一言
ジャパンキャンピングカーショーが今年も幕張メッセで開催された。
ジャパンキャンピングカーショーが今年も幕張メッセで開催された。

日本最大のキャンピングカーのイベント「ジャパンキャンピングカーショー2018」が2018年2月2日から4日までの3日間、千葉県千葉市にある幕張メッセにて開催された。初日の会場を中心にイベントの様子をリポートする。

「トヨタ・ハイエース リラクベース」。エンジンは2リッターガソリンと2.8リッターディーゼルから、駆動方式はFRと4WDから選べる。車両価格は333万8280円から。
「トヨタ・ハイエース リラクベース」。エンジンは2リッターガソリンと2.8リッターディーゼルから、駆動方式はFRと4WDから選べる。車両価格は333万8280円から。
やはり台数が多いのは、扱いやすく値段もまだ現実的な「トヨタ・ハイエース」や「日産キャラバン」などのバンをベースにしたキャンパーだ。若いファミリー層への需要の拡大も要因のひとつとみられる。
やはり台数が多いのは、扱いやすく値段もまだ現実的な「トヨタ・ハイエース」や「日産キャラバン」などのバンをベースにしたキャンパーだ。若いファミリー層への需要の拡大も要因のひとつとみられる。
小型トラックをベースにしたキャンパーも定番。キャンパー専用のキャビンを追加するため、車内の広さが魅力。ただし、バンベースのような日常使いは厳しい。
小型トラックをベースにしたキャンパーも定番。キャンパー専用のキャビンを追加するため、車内の広さが魅力。ただし、バンベースのような日常使いは厳しい。

展示車両は過去最多を記録

ジャパンキャンピングカーショーは日本最大のキャンピングカー見本市である。今年も昨年と同様に幕張メッセの1~4ホールで開催されたが、展示台数は同ショー史上最多となる330台以上を記録した。初日はあいにくの降雪に見舞われ、来場者への影響が心配されたものの、一般公開時間になると続々と人が増え、近年のキャンピングカー市場の盛り上がりを感じさせた。

出展の中心は国内外のキャンピングカービルダーだが、今年はトヨタ自動車/トヨタモデリスタ、日産自動車、ホンダアクセス/ホワイトハウス、メルセデス・ベンツ日本が出店するなど、自動車メーカーとそのグループ企業や、インポーターのブースも見られた。

トヨタ/トヨタモデリスタは、「ハイエース」のカスタマイズモデルをメインに展示。カジュアルさを演出した「ハイエース リラクベース」と、趣味を楽しむ移動車としても最適な「ハイエース マルチ ロール トランスポーター」を並べた。キャンピングカー市場ではベース車としても人気が高いハイエースだが、もっと気軽に趣味やファミリーで利用してもらい、ニーズの掘り起こしを図りたいようだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事