第540回:日本とはまるで違う
「イタリア式アマゾン」に泣く

2018.02.09 マッキナ あらモーダ!

発端は「配送センターのブレスレット」

日本で2018年1月30日、ネット通販業者のアマゾンが、宅配便大手・ヤマトホールディングスの値上げ要請を受け入れたことが明らかになった。ネット通販普及による宅配便の急増と人手不足が背景にあるという。

一方イタリアでも、2月1日以降、アマゾンが連日ニュースのヘッドラインをにぎわわせている。

発端は、アマゾン・イタリアの配送センターで導入を決めた新しいデバイスだ。それはブレスレット型で、倉庫内での従業員の動作をトラッキングするもの。動きを解析することにより、作業効率を改善させるとして採用されたツールだった。

しかしイタリア人従業員たちが「私たちはロボットではない」として、この決定に抗議。政界や労働組合まで巻き込む議論となり、ジェンティローニ首相もブレスレット導入に反対の意向を示した。続いて翌2日にはポレッティ労働大臣とアマゾン・イタリアの幹部が会談の席をもつ事態にまで発展した。

アマゾンが北部ピアチェンツァに流通センターを開設してイタリアでサービスを開始したのは、2011年10月のことだ。現在は中部のリエティにも流通センターがある。

同社の労使関係がニュースの話題となったのは、これが初めてではない。2017年11月には、いわゆるブラックフライデーの勤務が過酷すぎるとして従業員が抗議。ストライキを計画した。

そこで今回はアマゾンにちなんで、イタリアでボクの身に降りかかった、日本の常識からするととんでもない“事件”についてお話ししよう。

イタリアの「アマゾンロッカー」をたたきたくなる衝動にかられる筆者。その理由は、後ほど。
イタリアの「アマゾンロッカー」をたたきたくなる衝動にかられる筆者。その理由は、後ほど。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事