第17回:マスキー法をめぐって――石油ショックと公害<1970年>
環境保護の理想と政治の論理

2018.02.08 自動車ヒストリー 大気汚染の深刻化を防ぐため、アメリカで制定された“マスキー法”こと1970年大気浄化法改正法。公害への怒りから生まれた画期的な法律は、なぜ骨抜きにされたのか? 日本メーカー躍進の契機ともなった、排出ガス規制の歴史を振り返る。

アメリカでは1940年代から公害が問題に

1972年2月、本田宗一郎は記者会見で「75年排出ガス規制値を満足させるレシプロエンジンを73年から商品化する」と発表した。まだ製品は完成していなかったが、彼は目標達成に自信を持っていた。副燃焼室を使って希薄燃焼を実現するという方法に光明を見いだしていたからである。ここで“75年排出ガス規制値”といわれているのは、1970年に制定されたアメリカの大気浄化法改正法を指す。エドマンド・マスキー上院議員の提案によって作られたため、マスキー法と呼ばれることが多い。

ホンダはCVCC(Compound Vortex Controlled Combustion、複合渦流調整燃焼方式)エンジンを開発し、宣言通り1973年にこのエンジンを搭載した「シビック」を発売した。世界で初めてマスキー法をクリアした自動車という栄誉は、日本車が獲得したのである。同年にはサーマルリアクターの改良によってマツダも規制値をクリアしていたが、これらの努力が正当に報いられることはなかった。実現すべき目標自体が葬り去られていたのだ。

モータリゼーションの進行により、アメリカでは早くから公害問題が取り上げられるようになっていた。ロサンゼルスでは、1940年代から光化学スモッグが発生し、健康被害が報告されるようになった。地形的にガスが滞留しやすいことが不利に働いたこともあるが、主要な原因は自動車の排出ガスの増加だと考えられた。かつてロサンゼルスには鉄道網が敷かれていたが、その多くが廃止され、自動車での移動を前提とした都市となっていたのだ。自動車の排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が盆地状の市街にとどまり、日光を受けて有毒な物質を発生させていた。

1972年の東京モーターショーにホンダが出展したCVCCエンジン。この年のモーターショーは低公害技術がひとつのテーマとなっており、マツダとダイハツも独自のサーマルリアクターの技術を披露している。
1972年の東京モーターショーにホンダが出展したCVCCエンジン。この年のモーターショーは低公害技術がひとつのテーマとなっており、マツダとダイハツも独自のサーマルリアクターの技術を披露している。拡大
CVCCエンジンが搭載された「ホンダ・シビックCVCC」。1973年12月13日に発売された。
CVCCエンジンが搭載された「ホンダ・シビックCVCC」。1973年12月13日に発売された。拡大
ロータリーエンジンを搭載した「マツダ・ルーチェAP」。車名の「AP」は「Anti Pollution」の略で、1973年2月にマスキー法の基準をクリア。他車に先駆け、1973年5月には低公害車優遇税制に認定されている。
ロータリーエンジンを搭載した「マツダ・ルーチェAP」。車名の「AP」は「Anti Pollution」の略で、1973年2月にマスキー法の基準をクリア。他車に先駆け、1973年5月には低公害車優遇税制に認定されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事