やめたはずじゃなかったの!?
メルセデス・ベンツが直6エンジンを復活させた理由とは?

2018.02.07 デイリーコラム

かつてのプレミアムカーの主力エンジン

かつてプレミアムクラスに搭載されるエンジンのスタンダードは、3リッタークラスの直列6気筒エンジンであり、さらにパワーが欲しい方は、より排気量の大きいV型8気筒やV型12気筒をどうぞ、というスタイルが一般的だった。

ところが1990年代後半から、直列6気筒は、徐々にV型6気筒へと置き換えられていった。その最大の理由は、V6は全長が短いので衝突安全性能を高めやすいというもの。エンジンの全長が短ければ、それだけボディー側に衝撃を吸収するスペースが生まれる。衝突安全性能を高めるには、直列6気筒エンジンよりも、全長の短いV型6気筒エンジンの方が、都合がよかったのだ。また、V6であれば、FF車にも搭載できるというメリットもあった。

そうした理由から2000年代以降、世の中から直列6気筒エンジンはどんどん姿を消していった。ずっと採用しているのはBMWくらいだ。もう直列6気筒エンジンは、ごく一部でしか使われない、レアアイテムになってしまうのか……と思っていたら、最近になって、メルセデス・ベンツが突然のように直列6気筒エンジンを復活させたのだ。

2017年にマイナーチェンジした「Sクラス」のラインナップを見ると、直列6気筒ガソリンエンジンを搭載する「S450」と「S500」が存在する(いずれも日本未導入)。もちろん、エンジンはまったくの新型だ。さらに今年の1月のデトロイトでは、同じく直列6気筒エンジンの「AMG53」シリーズを発表。まずは「CLS」や「Eクラス クーペ」「Eクラス カブリオレ」にラインナップされるが、日本へのデリバリーはまだ先というのが残念なところ。

435psと520Nmを発生する新型直6エンジンを搭載した「メルセデス・ベンツS500」。
435psと520Nmを発生する新型直6エンジンを搭載した「メルセデス・ベンツS500」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事