ホンダ、インドでコンパクトセダンの新型「アメイズ」を発表

2018.02.07 自動車ニュース
「ホンダ・アメイズ」
「ホンダ・アメイズ」

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社であるホンダカーズインディア・リミテッドは2018年2月7日、第14回デリーオートエキスポ2018(開催期間:2月7日~14日)において、コンパクトセダンの新型「AMAZE(アメイズ)」を世界初公開した。

 
ホンダ、インドでコンパクトセダンの新型「アメイズ」を発表の画像

2代目となる新型アメイズは、「1クラス上のプレミアムセダンの特徴を備えたコンパクトセダン」として開発されたもので、新開発のプラットフォームの採用により、全長4m以下というコンパクトなボディーサイズでありながら、空力に配慮したスタイリングとゆとりある広々とした室内空間、十分なトランクスペースを併せ持っているという。さらに優れた走行性能と快適な乗り心地を実現するとともに、最新の安全技術も搭載している。

同車の発表に際し、本田技研工業の八郷隆弘社長は新型アメイズや「CR-V」「シビック」を含む新モデル6車種を、今後3年以内にインド市場へ投入すると表明。インド市場でのコミットメントを強める姿勢を明らかにした。

新型アメイズは2018年度中にインドで発売される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事