谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)

2018.02.15 mobileCG

レーシングドライバーの谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。電気自動車(EV)とはいえ、ゴルフはゴルフ。走りに不自然なところはまるでなく、乗り心地は快適、おまけにEVだから静かときている。谷口がこの“次世代のゴルフ”に下した結論とは?

 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲンe-ゴルフ(後編)の画像拡大

これ、フツーにいいですね

レーシングドライバーでありながら電気自動車などのエコカーにも強い関心を抱く谷口信輝。彼の目に、新しいe-ゴルフはどのように映ったのだろうか? 箱根のワインディングロードでの試乗を終えたばかりの谷口に話を聞いた。

「これ、フツーにいいですね。乗り味は、ある意味でこれまでの自動車とまったく同じ。運動性能や曲がる、止まるといった性能にも違和感を覚えませんでした」

谷口の言う「違和感を覚えない」は決してネガティブな意味ではなく、むしろかなりの好評価であることは、この連載を読み続けている皆さんであればご承知のとおりである。

「電気自動車だからといって不自然なところがまるでない。プラグインハイブリッドだったら、エンジンやモーターとタイヤの間に変速機が入っているけれど、これはそれもないから、キックダウンすることもなく、どこからでも同じように加速していく。だから、不満もないしハテナもない。本当にフツーに乗れますね」

シャシーの印象はどうだったのか?
「この駐車場の目の前にあるコーナーを走るくらいだったら、バランスも良くて何の不安もありません。これだけエアボリュームが大きなタイヤ(205/55R16)だから、ちょっとフワフワしているけれど、乗り心地はいいですね。あと、電気自動車だから当たり前だけれど、すごく静か。走っていると、風切り音とロードノイズくらいしか耳に届きません」(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
e-ゴルフフォルクスワーゲン電気自動車(EV)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
ホームへ戻る