第165回:イギリスの犯罪家族は日本車がお好き?
『アウトサイダーズ』

2018.02.09 読んでますカー、観てますカー

スバルで犯罪者を逃がす映画

オープニングシーンでスバル車が激走。ドライバーズシートに座るのは、犯罪現場から強盗を逃がす役割のゲッタウェイドライバーだ。卓越したドライビングテクニックで、クルマを思いのままに操る。こういう書き方をすると、あの映画を連想してしまうかもしれない。2017年夏に公開された『ベイビー・ドライバー』だ。音楽に合わせてカーチェイスや銃撃戦を展開するという極めて斬新な手法を使い、ミュージカル映画の再定義を行った傑作である。

『アウトサイダーズ』は、まったく毛色の違うタイプの作品だ。どちらかというと泥くさい。『ベイビー・ドライバー』が真っ赤な「インプレッサWRX」で超絶技巧の180度ターンを見せたのに対し、こちらは小豆色の「レガシィ アウトバック」だ。前後席フル乗車で草原を走り回る。ドライバーの膝の上には子供が乗っていて、ステアリングをつかんでいる。犯罪の帰り道ではなく、家族で暴走を楽しんでいるだけらしい。

林に突っ込んで停止した場所が、犯罪家族のすみかだ。トレーラーハウスを何台も並べて暮らしている。広場には犬やヤギもいて、楽しそうな集団生活にも見える。警官の人形にパチンコで石を打ち込んで遊んでいるのは、これまでの恨みをぶつけているのだろう。

ドライバーのチャド・カトラー役はマイケル・ファスベンダー。いつもの知的なオーラをかなぐり捨てようとしているが、どことなく気品が漂う。彼の父親コルビー・カトラーを演じるブレンダン・グリーソンははまり役だ。貧乏で教養のないドナルド・トランプといった風情が、犯罪家族を率いるボスにふさわしい。

© BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015
© BFI, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION AND TRESPASS AGAINST US LIMITED 2015
 
第165回:イギリスの犯罪家族は日本車がお好き?『アウトサイダーズ』の画像
「スバル・レガシィ アウトバック」
1994年に「レガシィ」をベースにしたクロスオーバーSUVとしてアメリカでデビュー。翌年日本で「レガシィ グランドワゴン」という名前で発売された。映画に登場するのは2代目モデルで、日本では「ランカスター」というサブネームが与えられていた。
「スバル・レガシィ アウトバック」
	1994年に「レガシィ」をベースにしたクロスオーバーSUVとしてアメリカでデビュー。翌年日本で「レガシィ グランドワゴン」という名前で発売された。映画に登場するのは2代目モデルで、日本では「ランカスター」というサブネームが与えられていた。
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事