エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良

2018.02.08 自動車ニュース
「マツダCX-5 XD Lパッケージ」
「マツダCX-5 XD Lパッケージ」

マツダは2018年2月8日、SUV「CX-5」に一部改良を実施し、予約受注を開始した。発売は同年3月8日を予定している。

2.2リッター直4ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」。
2.2リッター直4ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」。
「XD Lパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。
「XD Lパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。
「XD Lパッケージ」のシート。
「XD Lパッケージ」のシート。
「XDプロアクティブ」
「XDプロアクティブ」

エンジンの改良と装備の強化を通して、商品力をアップ

今回の改良では、ラインナップする3種類のエンジンすべてに大幅な改良を実施。ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」については新しい燃料噴射システムや、エッジカットピストン、低抵抗ピストンなどを採用したほか、SKYACTIV-G 2.5にはマツダ初となる気筒休止機構も搭載した。

一方、ディーゼルエンジンについては既存のユニットに代わって上級SUV「CX-8」と同じ改良型の「SKYACTIV-D 2.2」を搭載。急速多段燃焼などの技術の導入により、実燃費と走行性能を向上させている。

これらの改良により、ガソリンエンジン車では高速道路やバイパスなどを一定速度で走行している際の実用燃費の向上が、ディーゼルエンジン車では多人数乗車時や荷物を載せた状態における、従来以上の快適な走りと実用燃費の向上が期待できるという。

同時に、装備の強化も図っており、メーカーセットオプションとして新たに360°ビューモニターを設定したほか、パワーリフトゲートのオプション設定をガソリンエンジン車にも拡大。車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付き)を全グレードに、自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付きパワーウィンドウを「25S Lパッケージ」「XD Lパッケージ」に採用した。

さらに、インフォテインメントシステム「マツダコネクト」にはCX-8や「デミオ」と同じ最新の自車位置演算ユニットを採用。高層ビルの多い場所や高速道路の高架下などにおける自車位置測位と表示を、より正確なものとしている。

価格は249万4800円から352万6200円。

(webCG)
 

関連キーワード:
CX-5マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.2.23 試乗記 新型「マツダCX-5」のキーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。マツダが持つ技術のすべてを投じて、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたという自信作だ。「XD」と「25S」に試乗し、その完成度を確かめた。
ホームへ戻る