ホンダ、最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ

2018.02.08 自動車ニュース
「ホンダ・レジェンド」
「ホンダ・レジェンド」拡大

本田技研工業は2018年2月8日、「ホンダ・レジェンド」をマイナーチェンジし、同年2月9日に発売すると発表した。

全8色のボディーカラーのうち、写真の「プレミアムディープロッソ・パール」を含む6色が新色となっている。
全8色のボディーカラーのうち、写真の「プレミアムディープロッソ・パール」を含む6色が新色となっている。拡大
「レジェンド」のインストゥルメントパネルまわり。
「レジェンド」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
内装色には写真の「ディープブラウン」を含む、全4色が用意されている。
内装色には写真の「ディープブラウン」を含む、全4色が用意されている。拡大
車体については組み立て時における接着剤塗布範囲を拡大することで、剛性を強化している。
車体については組み立て時における接着剤塗布範囲を拡大することで、剛性を強化している。拡大
新色の「マジェスティックブラック・パール」が採用された「ホンダ・レジェンド」。
新色の「マジェスティックブラック・パール」が採用された「ホンダ・レジェンド」。拡大

渋滞時のドライバーの負担を軽減する新機能を採用

レジェンドは3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載したホンダの最上級セダンである。今回のマイナーチェンジでは内外装デザインを変更したほか、シャシーやボディーなどの改良を通して乗り心地とハンドリング性能を改善。運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダセンシング)」には、新機能の「トラフィックジャムアシスト」(渋滞運転支援機能)を採用した。

具体的には、エクステリアデザインについてはよりアグレッシブなイメージとなるようフロントグリルや前後バンパー、ヘッドライト、テールランプの意匠を変更。インテリアではシート形状を見直すことでホールド性と快適性を改善したほか、インストルメントパネルを中心としたシルバー加飾の変更により、より上質な車内空間を実現しているという。また、インテリジェント・パワー・ユニット(IPU)の小型化によるトランク容量の拡大(+13リッター)や、パワートランクの採用など、使い勝手を向上させる改良も施している。

一方、走りに関してはドライバーが「意のまま」と感じられるようなハンドリング性能と上質な乗り心地を追求。ボディー骨格の接着剤塗布範囲を拡大することで剛性感を高めたほか、ダンパー特性などのシャシーセッティングも変更している。さらに、エンジンと3つのモーターで4輪の駆動力を制御するSPORT HYBRID SH-AWDについても成熟を図っているという。

機能面では新たに採用されたトラフィックジャムアシストがトピックとして挙げられる。このシステムは、高速道路などでの渋滞時に、0km/hから約65km/hまでの速度域で前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするようアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストするもので、ドライバーの運転負荷を軽減することができるという。

ボディーカラーは全8色で、このうち「マジェスティックブラック・パール」「プレミアムディープロッソ・パール」など6色が新規採用。インテリアについてもカラーバリエーションの拡充が図られている。

価格は707万4000円。ホンダでは年間1000台の販売を計画している。

(webCG)

関連キーワード:
レジェンドホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る