第77回:病膏肓に入る

2018.02.13 カーマニア人間国宝への道

欲しいクルマベスト3を発表

MJ参謀長(清水草一)率いるカーマニア集団・MJ戦略参謀本部のカーマニア談義もいよいよ佳境。今回は、最近登場した新型車についての口(くち)プロレスだ。

MJ参謀長(以下 M):では伊達軍曹とマリオ二等兵に尋ねる。最近出た新型車で、欲しいと思ったクルマベスト3を挙げよ。まず軍曹から。

伊達軍曹(以下 伊):第3位はナシ、第2位は「ジュリア クアドリフォリオ」、そして第1位は「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」であります。

M:ずいぶんと浮世離れした選択だが、そのココロは?

伊:現在のわたくしは「スバルXV」で完全に満たされておりまして、買いたいクルマはありません。それでも何かを買うのなら、飛び切りスゲーモノ以外にあり得ないのです。

M:つまり、現実を無視した選択しか思い浮かばないと。

伊:さいですね。仮想通貨でドーンと来たら、億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回すわけですが、その際自家用車がXVのみというのもアレですので、アヴェンタドールSが1位となります。

M:なるほど。アヴェンタSに試乗し、感銘を受けたのだな。

伊:助手席のみですが、大変すばらしかったであります(笑)。が、いくらなんでもアヴェンタは非現実的すぎるという思いもあり、第2位にはやや現実的なジュリア クアドリフォリオ。第3位はナシです。

M:うむ。100%理解した。

MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。
MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」のメンバー。左からマリオ二等兵、MJ参謀長、伊達軍曹。
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」
「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ」
伊達軍曹が夢見る“億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す”生活イメージ。左は“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本代表。
伊達軍曹が夢見る“億ションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す”生活イメージ。左は“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本代表。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る