日本のミリオネアに愛される英国の名門
ロールス・ロイス成長の秘密と、今後の展望を探る

2018.02.12 デイリーコラム

日本での成長を支えるドライバーズカーの人気

2012年、ロールス・ロイスの日本における登録台数は90台だった。これに対し、2017年は225台と、わずか5年で2.5倍となっている(いずれも日本自動車輸入組合調べ)。この間、日本市場では何が起き、ロールス・ロイスは何をしていたのか。

まず、2013年の末に2ドアクーペの「レイス」がデビュー。2014年にはフルイヤーで販売が行われ、同年の成長に寄与した。翌2015年には、「ゴースト」がモデルチェンジして“シリーズ2”へと移行。2016年にはコンバーチブルの「ドーン」が発売となり、ともに販売増に大きく貢献している。さらに、この3モデルにはスポーティーな「ブラックバッジ」モデルも投入され、一時は各車の販売の半数以上を占める勢いを見せたという。

ロールス・ロイスといえば“ショーファーカー”、すなわち運転手付きで乗るクルマというイメージが強いだけに、2ドアのレイスやドーン、さらにはブラックバッジモデルといった“ドライバーズカー”が台数増の主要因となっているのは実に意外である。ちなみに、2017年はフラッグシップの「ファントム」がラインナップになかったにもかかわらず、わずかではあるが前年より販売を伸ばしている(223台から225台)。もちろん、それを支えたのも上述のドライバーズカーだった。

もうひとつ、同ブランドの成長を支える要因として挙げられるのが、セールスネットワークの強化である。ここ1、2年で広島、福岡、名古屋の3つの都市でショールームがオープンしており、日本における店舗数は6店舗と、それまでの2倍に拡充しているのだ。

東京国立博物館で日本初公開された、新型「ファントム」。5000万円を優に超す、当代随一の高級車である。
東京国立博物館で日本初公開された、新型「ファントム」。5000万円を優に超す、当代随一の高級車である。拡大
2ドアクーペ「レイス」。2013年のジュネーブショーで発表された。
2ドアクーペ「レイス」。2013年のジュネーブショーで発表された。拡大
2017年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の会場に展示された「ゴースト ブラックバッジ」。
2017年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の会場に展示された「ゴースト ブラックバッジ」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事