第481回:「粋」の表現がキーワードになる
アルバイサ専務が語る日産デザインの将来

2018.02.13 エディターから一言
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。
2018年のデトロイトショーで発表されたSUVのコンセプトカー「日産クロスモーション」。拡大

日産自動車が2018年1月の北米自動車ショー(デトロイトショー)で公開したコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」。その見どころは、いかつい外観だけでなく、日本人の「粋」を表現したというインテリアにもある。同社のデザイン部門を率いるアルフォンソ・アルバイサ専務執行役員に日産デザインの将来について聞いた。

アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。
アルフォンソ・アルバイサ専務執行役員。中村史郎氏に代わり、2017年4月から日産のデザイン部門のトップを務めている。拡大
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。
ボディーサイドはU字型のハイライトが入る面構成を持ち、見る者に彫刻的な雰囲気を与えるよう計算されている。拡大
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。
「クロスモーション」のデザインは、2020 年以降の日産デザインの方向性を示唆しているという。拡大

次期「エクストレイル」を示唆している?

21世紀を挟んでの、ゴーン体制下なる日産のV字回復を支えてきたクルマたちを振り返るに、SUVの多さに気づかれる方もいらっしゃるのではないだろうか。

日本市場を支えた「エクストレイル」しかり、欧州市場での「キャシュカイ」(日本名:デュアリス)の大ヒットしかり、そして米国市場では日産ブランドの「ムラーノ」だけでなくインフィニティブランドの「FXシリーズ」が他社に先駆けてプレミアムスポーツ的なキャラクターを確立……と、この頃の日産は単なる収益源とするだけでなく、SUVカテゴリーの発展をけん引する側の立場にいた。そして商品を輝かせていた絶対的要素といえば、常に挑戦的なデザインといえるだろう。中には「ジューク」のように、小型SUVのイノベーターとして多くのフォロアーに影響を与えたモデルもある。

そんな日産の次世代のSUVデザインを示唆するコンセプトモデルとして、2018年1月の北米自動車ショーで発表されたのがクロスモーションだ。オケージョナルユースの3列目シートを配置する6シーターというその成り立ち、そして車格から推するにCセグメント級に見えなくもない。とあらば、次なる「ローグ」&エクストレイルあたりのデザインを示唆しているとも考えられる。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る