「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場

2018.02.13 自動車ニュース
「DS 3パルテノン」
「DS 3パルテノン」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年2月13日、DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に特別仕様車「パルテノン」を設定し、販売を開始した。

 
「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場の画像拡大
 
「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、カタログモデルにはない内外装の仕様を特徴とした、50台の限定モデルである。

エクステリアは、ギリシアの古代遺跡、パルテノン神殿をモチーフにしたアイボリー系のボディーカラー「クレームパルテノン」と、茶系のルーフカラー「ブラントパーズ」を組み合わせたシックなもので、ドアミラーやアルミホイールもブラントパーズでコーディネートされている。

一方、インテリアは「ミストラル」のレザー仕様で、ダッシュボードの色には外装と同じくブラントパーズを採用。装備面では、標準で搭載されるフロントパーキングソナーがベース車との違いとなっている。

価格は、ベースとなった「LEDビジョンパッケージ」から15万円高の274万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
DS 3DS自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る