いよいよ神奈川県にも開通した新東名
その車線数に隠された秘密とは!?

2018.02.14 デイリーコラム

新東名そのものがムダだった!?

NEXCO中日本が建設を進めてきた新東名高速道路・海老名南JCT―厚木南インター(約2km)が、2018年1月28日(日)15時に開通した。「いよいよ新東名が神奈川へ!」というわけだが、今回開通したのは、わずか2kmの盲腸線。厚木インター周辺の混雑を若干緩和する効果はあるが、ネットワーク効果は、2020年度に予定されている新東名の全線開通まで待たねばならない。

といっても、新東名が全線開通しても、その「全線」とは、(名古屋方面から見て)海老名南JCTまで。そこから先、東京方面は調査中で、計画すら策定されていない。全国の高速道路で最も渋滞の激しい東名の海老名JCT―横浜町田インター間(現在の渋滞の先頭は大和トンネル付近)は、新東名はカバーしないので、渋滞は緩和されるどころか、中途半端な複線化で上り線の合流渋滞が増加し、ストレスが増す恐れもある。大きな期待は禁物だ。

ところで、新東名を走っていると、車線数がしょっちゅう変わることに気付くはずだ。いったいどうして? と、疑問に思われた方も多いのではないか。

実はこれ、道路公団民営化の“遺産”である。

もともと新東名は、全線片側3車線で計画されていたが、2001年から始まった道路公団民営化議論の過程で、新東名の存在そのものが「ムダ」と糾弾された。

ところが客観的データを見ると、新東名の存在意義は大きく、建設続行となったが、コストダウンのため、片側3車線から2車線に減らすことが決まったのである。

「なぜそんなバカなことを!!」と言うなかれ。当時の世論では、高速道路建設はすべて利権まみれの赤字垂れ流し公共事業で、建設中止こそ正義という空気だった。車線数が減らされても、建設続行が決まっただけで御の字と、私は大いに胸をなでおろしたものである。

つまり新東名は、「全線片側2車線」のはずなのだが、実際には片側2車線と3車線が混在している。なぜなのか?

2018年1月28日に開通した新東名高速道路の海老名南JCT-厚木南IC区間。いよいよ東京方面の末端からも延伸が始まった。
2018年1月28日に開通した新東名高速道路の海老名南JCT-厚木南IC区間。いよいよ東京方面の末端からも延伸が始まった。
あなたにおすすめの記事
新着記事