第482回:いまやグッドイヤーの主戦力!
「E-グリップ」シリーズの2つの新製品を試す

2018.02.15 エディターから一言
試走車の「トヨタ・マークX」に装着されたグッドイヤーの新製品「エフィシエントグリップ コンフォート」。
試走車の「トヨタ・マークX」に装着されたグッドイヤーの新製品「エフィシエントグリップ コンフォート」。拡大

グッドイヤーが2つの新製品「エフィシエントグリップ コンフォート」「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV」を日本に投入。静かさを武器にした乗用車用コンフォートタイヤと、全方位的進化を図ったSUV用プレミアムタイヤの実力を試す。

日本市場における戦略を語る、日本グッドイヤーの金原雄次郎社長。プレミアムカーのタイヤ市場において、純正装着とリプレイスの双方で「E-グリップ」シリーズの存在感を高めたいと述べた。
日本市場における戦略を語る、日本グッドイヤーの金原雄次郎社長。プレミアムカーのタイヤ市場において、純正装着とリプレイスの双方で「E-グリップ」シリーズの存在感を高めたいと述べた。拡大
試走会場に展示された「E-グリップ」シリーズの製品群(右端のみ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」)。日本市場において、E-グリップシリーズはグッドイヤーの主力商品となっている。(写真=webCG)
試走会場に展示された「E-グリップ」シリーズの製品群(右端のみ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」)。日本市場において、E-グリップシリーズはグッドイヤーの主力商品となっている。(写真=webCG)拡大
試走が行われた2つの特設コースは、異なる路面状況での騒音の違いや、スラロームやダブルレーンチェンジにおける操縦性、低ミュー路での制動力などを試すレイアウトとなっていた。
試走が行われた2つの特設コースは、異なる路面状況での騒音の違いや、スラロームやダブルレーンチェンジにおける操縦性、低ミュー路での制動力などを試すレイアウトとなっていた。拡大

新製品は高い静粛性が自慢

ブリヂストンやミシュランと並ぶ、“世界3大タイヤメーカー”のひとつに数えられるのが、アメリカ発のグッドイヤー。約120年という歴史を持つそんなブランドから、2種類のニュータイヤが日本市場へと投入された。

“パフォーマンスコンフォート”をうたう乗用車向けオンロードタイヤの「エフィシエントグリップ コンフォート」(以下、E-グリップ コンフォート)と、ラグジュアリーSUVを対象に開発された、やはりオンロード向けの「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV」(以下、E-グリップ パフォーマンスSUV)がその2つ。ちなみに、これらを含め「E-グリップ」との略称で呼ばれるアイテム群は、現在のこのブランドの主力商品でもある。

「騒音エネルギーベースでパターンノイズが28%、ロードノイズが7%減少……」と、まずは従来製品「イーグルLS EXE」との具体的な比較指標を持ち出すことで、その静粛性の高さを分かりやすくアピールするのが、14~20インチ径の中に全51サイズが用意されるE-グリップ コンフォート。そのものずばりな「コンフォート」の名が与えられたことからも分かるように、このモデルで代表的な売りとしてうたわれるのは快適性、特に高い静粛性だ。それをシャープなハンドリングと高次元でバランスさせた、「街乗りに求められる快適性を追求したコンフォートタイヤ」というのが基本コンセプトであったという。

あなたにおすすめの記事
新着記事