早くも成約したユーザーも登場
「フォルクスワーゲン・パサートTDI」発売記念イベントをリポート

2018.02.14 From Our Staff
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン」
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2018年2月14日、「パサートTDI」および「パサートヴァリアントTDI」の発売記念イベントを行った。

「TDI」などのバッジは装着されず、外観からディーゼルモデルと判断することは難しい。
「TDI」などのバッジは装着されず、外観からディーゼルモデルと判断することは難しい。拡大
あいさつに立ったフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。「今回のパサートを皮切りに……」と、別の車種でもディーゼル車を導入する予定があることを示唆した。
あいさつに立ったフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。「今回のパサートを皮切りに……」と、別の車種でもディーゼル車を導入する予定があることを示唆した。拡大
島津さんご夫妻には、「パサートヴァリアント」のミニカーと花束が贈呈された。
島津さんご夫妻には、「パサートヴァリアント」のミニカーと花束が贈呈された。拡大
 
早くも成約したユーザーも登場「フォルクスワーゲン・パサートTDI」発売記念イベントをリポートの画像拡大

今度は10万km走るから

会場となったのは東京都港区の虎ノ門ヒルズ。2階のオーバル広場には、この日に発売されたばかりの「パサートヴァリアントTDIハイライン」が展示されていた。

まずあいさつに立ったのはVGJのティル・シェア代表取締役社長。日本では1977年から1998年にかけて「ゴルフ」「ジェッタ」、そしてパサートなどのディーゼルモデルを計5万台以上販売したことなどを説明するとともに、20年ぶりにディーゼルモデルを販売できることに対する喜びを語った。

続いてステージには、なにやら見慣れぬご夫妻の姿が。スタッフからは「島津さま」と呼ばれている。聞けばお2人は、すでに「パサートヴァリアントTDIハイライン」を購入したお客さまなのだ。

東京都中野区にお住まいの島津さんは、パサートを2台乗り継いでいる熱心なユーザー。奥さまが旅行好きとのことで、2年前に購入した1.4リッターターボモデルの現行型では北海道や九州にも出かけており、すでにオドメーターの数字は4万kmを超えている。

今回、パサートヴァリアントTDIの購入にいたった決め手は、ずばりエンジンだ。ディーゼルならではの力強い加速とランニングコストの低さから、パサートの魅力をさらに引き出せるのではないかと考えているという。

2年、4万kmでのリプレイスは、一般的にみるとかなり早い買い替えサイクルのように思えるが、「今度は10万km走るから」という奥さまへの猛アピールが実を結んだのだとか。たくさん旅行に行かないと、なかなか10万kmは走れませんね。

(webCG 藤沢)

関連キーワード:
パサートパサートヴァリアントフォルクスワーゲン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る