第206回:夏だ! ビーチだ! スマートだ! 「スマートタイムズ11」イタリアで開催(前編)

2011.08.12 エッセイ

第206回:夏だ! ビーチだ! スマートだ!「スマートタイムズ11」イタリアで開催(前編)

イタリアのビーチリゾート

あるイタリア人の家で、母娘の言い争いに遭遇したことがある。女子大生の娘が「卒業後オーストラリアに移住したい」と言い出したのだ。
「60kmも続く海岸(ゴールドコーストのこと)があるのよ!」という娘に対して、終戦直後生まれの母親はすかさず、こう反論した。
「海岸ならリッチョーネがあるじゃないッ!」

リッチョーネはイタリア北部ロマーニャ地方にある、アドリア海に面したビーチリゾートだ。戦後の経済成長にともない、富裕層が高級ホテルで夏休みを過ごしたり、別荘を所有したりしたことで、その名を知られるようになった。かのフェルッチオ・ランボルギーニもトラクター製造で成功すると、リッチョーネにほど近い街に別荘を構えた。
人口は3万5000人だが、夏はミラノをはじめイタリア北部各地から多くの観光客が押し寄せる。最近は、モスクワやサンクトペテルブルクとの定期便が近隣の空港に発着することから、ロシア人にも人気だ。冒頭の母親のなかでは、リッチョーネはゴールドコースト以上の街なのである。

そのリッチョーネで2011年8月1日から6日まで、「スマート」オーナーのための国際ミーティング「スマートタイムズ11」が開催された。
スマートタイムズは10年前、メルセデス・ベンツのオーストリア法人が企画したイベントだったが、数年前からはドイツ本社主催にグレードアップされた。そのような経緯から、これまではすべてオーストリアで開催されてきた。

しかし昨2010年に第10回を数えたのを機会に、主催者は「これから先10回はヨーロッパ各地を巡回する」と発表した。その第1回目がイタリア、というわけだ。

リッチョーネで開催された「スマートタイムズ11」のメイン会場。
リッチョーネで開催された「スマートタイムズ11」のメイン会場。
「スマートタイムズ11」のポスター。
「スマートタイムズ11」のポスター。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。