第1回:これぞ“輸入車の王者”の実力!
輸入車チョイ乗りリポート~鉄壁のドイツ編~

2018.02.16 JAIA輸入車試乗会2018
フォルクスワーゲンe-ゴルフ
フォルクスワーゲンe-ゴルフ拡大

輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」の会場から、webCGメンバーが注目のモデルをご紹介! まずは圧巻の人気を誇るドイツ勢より、フォルクスワーゲンの「e-ゴルフ」と「アルテオン」、「アウディTT RS」「メルセデス・ベンツS560 4MATICロング」「ポルシェ911タルガ4 GTS」の走りをリポートする。

 
第1回:これぞ“輸入車の王者”の実力!輸入車チョイ乗りリポート~鉄壁のドイツ編~の画像拡大
 
第1回:これぞ“輸入車の王者”の実力!輸入車チョイ乗りリポート~鉄壁のドイツ編~の画像拡大
 
第1回:これぞ“輸入車の王者”の実力!輸入車チョイ乗りリポート~鉄壁のドイツ編~の画像拡大
 
第1回:これぞ“輸入車の王者”の実力!輸入車チョイ乗りリポート~鉄壁のドイツ編~の画像拡大
 
第1回:これぞ“輸入車の王者”の実力!輸入車チョイ乗りリポート~鉄壁のドイツ編~の画像拡大

EVパワートレインに思ふ
フォルクスワーゲンe-ゴルフ……499万円

ボンネットを開けてビックリした。エンジンルーム――と呼ぶのが適切かどうかは分からないが、取りあえず今はそう呼びましょう――がスッカスカなのだ。オレンジ色のケーブルでつながれた金属製の箱が何個か積まれている、だけ。エンジン車だとあんなにみっちりモノが収まっていたのに、なるほど「電気自動車(EV)になったら部品点数が減って、下請けが路頭に迷う」と新聞屋さんが書き立てるわけだと得心がいった。そして、それを樹脂カバーで隠すそぶりもないe-ゴルフのありさまに、何事につけ隙がないフォルクスワーゲンにしては珍しいクルマだなと思った。

皆さんご存じの通り、e-ゴルフは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のEVバージョンである。他のモデルだとエンジンだとかトランスミッションだとかが積まれているところに、最高出力136ps、最大トルク290Nmを発生する自社開発の駆動用モーターが積まれている。もうひとりの主役であるバッテリーはというと、センタートンネルとフロントシート下、そしてリアシート下に「土」の字形に収まっている。

この搭載レイアウトが功を奏しているのか、今回の試乗では西湘バイパスでの車線変更時の挙動が特に印象に残った。地面に4輪を張り付かせたまま、スパッ、ズバッとクルマが動く。一方でパワープラントはどうなんよ? と問われれば、恐縮ですが、記憶にありません(小佐野賢治ボイスでどうぞ)。そりゃあ確かに、ラグのないスタート加速や走行時の静けさなんかはエンジン車にはない特徴だけど、逆にいえば他のEVやシリーズハイブリッド車も持ち合わせているドライブフィールですしねえ……。

というわけで、e-ゴルフはフォルクスワーゲンならではの重厚感が味わえること、フォルクスワーゲンのEVであるということ自体をありがたがって乗るEVと見つけました。

セカイは“電動車”の普及へ向けて一気に舵を切ったらしいですが、内燃機関に見られるような「パワープラントによる商品の差別化」はまだまだ先なのか。あるいは、そういうことを期待すること自体が、もう時代遅れなのかもしれませんね。

(文=webCG ほった/写真=田村 弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る