【ジュネーブショー2018】メルセデス、「マイバッハSクラス」をマイナーチェンジ

2018.02.15 自動車ニュース
マイナーチェンジを受けてフロントグリルのデザインに変更を受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」。
マイナーチェンジを受けてフロントグリルのデザインに変更を受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」。

独ダイムラーは2018年2月13日、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)でマイナーチェンジを施した「メルセデス・マイバッハSクラス」を公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2018】メルセデス、「マイバッハSクラス」をマイナーチェンジの画像
 
【ジュネーブショー2018】メルセデス、「マイバッハSクラス」をマイナーチェンジの画像

フロントグリルが新デザインに

新しいメルセデス・マイバッハSクラスには、従来とは異なる縦基調のフロントグリルが与えられる。これはピンストライプのスーツからヒントを得たもの。2016年に発表した大型クーペスタディー「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」に用いられたグリルデザインと歩調を合わせている。

また、ツートンのボディーカラーも選択できるようになる。近日中に9種類の組み合わせがそろうという。

モデルバリエーションは従来と同じ「S560」「S560 4MATIC」「S650」の3種類。欧州市場では2018年4月に販売が始まる予定。

(webCG)

関連キーワード:
Sクラスメルセデス・マイバッハジュネーブショー2018自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事