クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】SLK350ブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4150×1845×1295mm/ホイールベース=2430mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=770万円(テスト車=831万2000円/メタリックペイント<ギャラナイトシルバー>=8万4000円/パノラミックバリオルーフ=8万円/AMGスポーツパッケージ=35万円/キーレスゴー=9万8000円)

メルセデス・ベンツSLK350ブルーエフィシェンシー/200ブルーエフィシェンシー【試乗記】

原点回帰という名の進化 2011.08.11 試乗記 メルセデス・ベンツSLK350ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)/200ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)
……831万2000円/588万4000円

7年振りにモデルチェンジしたメルセデス・ベンツのコンパクト2シーター「SLK」。その走りはいかなるものだったのか? 神戸〜高松で試した。

あれやこれやと進化している

「バリオルーフ」と呼ばれる可動式ハードトップのスイッチは、初代や2代目とほぼ同じ場所にあった。センターコンソールの、ちょうどドライバーの左ひじが来るあたり。しゃれた小物入れのフタのようなものをはね上げると、銀色のレバーが現れる。これを引くこと18秒ほどで、頭の上に瀬戸内の、青く、高い空が広がった。オープンカーに乗っていて、一気に気分が高揚する瞬間だ。

ルーフの作動時間は、先代型と比べてさらに数秒短縮されている。これはルーフフレームの軽量化によるところが大きいという。マグネシウムが採用され、6kgの軽量化を果たしている。
「サンリフレクティングレザー」と呼ばれる、熱線を反射するコーティングが施された革を使ったシートも、新型ではベースグレード以外で標準装着になった。これは、通常のシートより表面温度が最大で13度も低く抑えられるというスグレモノである。

さらに、今回の試乗会では残念ながら見ることはできなかったが、ルーフトップの濃淡をボタンひとつで変えられる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」なる画期的なオプションも用意される。オープンカーもあれやこれやと進化している。

一方で、クルマも3代続けば、伝統というかDNAというか、これはかたくなに守っているな、と思える部分も見え隠れしてくる。「SLK」の場合、たとえば前後に短く、左右が高いタイトなキャビンスペースなどは確実にそうだろう。守られているような感じが強く、座ればすぐに「あ、SLKだ」とわかる居住まいである。それに対して、ダッシュボードとセンターコンソールが形作る力強い「T」シェイプの造形は、どちらかといえば初代に戻ったような印象もある。

AMGスポーツパッケージが装着されたテスト車には、専用デザインのステアリングやシート、チェッカーフラッグデザインのメーターパネルなどが採用される。
AMGスポーツパッケージが装着されたテスト車には、専用デザインのステアリングやシート、チェッカーフラッグデザインのメーターパネルなどが採用される。 拡大
ルーフの開閉スイッチは従来とほぼ同じ場所にある。SLK史上、最も高級感のあるスイッチである。
ルーフの開閉スイッチは従来とほぼ同じ場所にある。SLK史上、最も高級感のあるスイッチである。 拡大
ルーフの開閉時間はメーカーいわく20秒以下。試乗車には、ルーフが色付きポリカーボネートとなる「パノラミックバリオルーフ」が装着されていた。この他、さらに濃淡を自分で切り替えられる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」というオプションも存在する。
(写真をクリックするとルーフの開閉が見られます。)
ルーフの開閉時間はメーカーいわく20秒以下。試乗車には、ルーフが色付きポリカーボネートとなる「パノラミックバリオルーフ」が装着されていた。この他、さらに濃淡を自分で切り替えられる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」というオプションも存在する。(写真をクリックするとルーフの開閉が見られます。) 拡大
AMGスポーツパッケージを選ぶと、外装はフロントスポイラー、サイドスカート、リアスカートがセット(AMGスタイリングパッケージと呼ぶ)で交換される。
AMGスポーツパッケージを選ぶと、外装はフロントスポイラー、サイドスカート、リアスカートがセット(AMGスタイリングパッケージと呼ぶ)で交換される。 拡大

ラグジュアリーなスポーツカー

ルーフを開けて、淡路のすいた自動車道をゆったり流す。背後からは3.5リッターV6エンジンが発する低い排気音が響いている。このエンジンは「CLS」や「Cクラス」に搭載されるバンク角60度(従来は90度)の新しい直噴「ブルーダイレクト」エンジンで、巡航時にはリーンバーンに切り替わり、燃料消費を抑えるようになっている。またエンジンスタート/ストップ機能などを併せ持つことで、従来の3.5リッターと比べて燃費は約45%も改善されているという。すごい進化である。

そんなにエコなエンジンでありながら、スポーツカーに欠かせないリッチでダイナミックな動的質感も色あせていない。スロットルを大きく踏み込めば、排気音のトーンがいちだんと高まり、ありあまるトルクで車体が前へ前へとグイグイ押し出される。引き続き“肉食系”の迫力に満ちている。
7段ATの「7Gトロニックプラス」はシフトアップしたことをまったく感じさせず、きわめてスムーズに動作する一方、旧型と同様に5速から7速までがクロスした設定になっており、特に高速道路のような高い速度域におけるテンポのいい走りにつながっている。

SLK350はスポーツカーには違いないが、トゲトゲしいところがない。ロングツーリングに出かけたくなるような、どちらかといえばラグジュアリーさが持ち味のクルマである。特にそう思わされるのが乗り心地だ。試乗車には、電子制御ダンパー、トルクベクトリングブレーキ(コーナリング時に内側の後輪にブレーキをかけて安定性を高める機能)、ダイレクトステアリング(ギア比を変化させてロック・トゥ・ロックの回転数を減少させる機能)がセットとなった「ダイナミックハンドリングパッケージ」が装着されていた。

そのおかけで、ワインディングロードではきわめて素直に曲がるクルマになっていたが、乗り心地のほうも、この次に乗る標準サスペンション仕様の「SLK200ブルーエフィシェンシー」とは明らかな違いがあった。目地段差に対する“当たり”はひたすら柔らかく、しなやかで、それでいて奥には大入力に対してグッと踏ん張る腰の強さを隠していた。メルセデスと聞いて期待するものがひととおり入っているSLK、といった感じである。

新しい3.5リッターV6は、エンジンスタート/ストップ機能が備わる。
新しい3.5リッターV6は、エンジンスタート/ストップ機能が備わる。 拡大
AMG専用デザインのブラックレザーシートには赤いステッチが施される。シートカラーはブラックのほかクリスタルグレーとサハラベージュが選べる。
AMG専用デザインのブラックレザーシートには赤いステッチが施される。シートカラーはブラックのほかクリスタルグレーとサハラベージュが選べる。 拡大
AMGスポーツパッケージを選択すると、18インチのAMG5スポークアルミホイールが装着される。タイヤサイズは、フロントが225/40R18、リアは245/35R18。テスト車は、さっそくコンチ・スポーツ・コンタクト5を履いていた。
AMGスポーツパッケージを選択すると、18インチのAMG5スポークアルミホイールが装着される。タイヤサイズは、フロントが225/40R18、リアは245/35R18。テスト車は、さっそくコンチ・スポーツ・コンタクト5を履いていた。 拡大
フロントグリルまわりの造形はどことなく「SLS AMG」に通じるところがある。
フロントグリルまわりの造形はどことなく「SLS AMG」に通じるところがある。 拡大

SLKらしいのは「SLK200」

ところでメルセデスは、年内に「Aクラス」や「Bクラス」のモデルチェンジを控えている。つまり、とかくユーザーの年齢層が上がりがちな同社にとって、今年はユーザーの若返りを果たす意味で勝負の年なのだ。そこでSLKも若返りを意識したラインナップとなっており、SLK200ブルーエフィシェンシー(580万円)の下に「SLK200ブルーエフィシェンシー スポーツ」という廉価版(525万円)を設定してきた。となれば、販売は当然SLK200シリーズが中心となってくるはずだ。SLK200の仕上がり具合は、あるいはSLK350より重要といえるかもしれない。

旧型では1.8リッター直4にスーパーチャージャーを装着していたが、新型ではターボに改められた。さらにトランスミッションが5ATから、こちらもSLK350と同じ7Gトロニックプラスに進化している。その走りは、こちらもなかなか力強い。最初こそ、スーパーチャージャー時代よりスロットルの反応が穏やかになった気がしたが、しばらく乗っているうちに、それも気にならなくなった。もしかすると7Gトロニックプラスがあまりにスムーズなために、なおさらそう感じた可能性もある。

SLK200でもAMGスポーツパッケージを選べば、前述の「ダイナミックハンドリングパッケージ」をオプション選択することもできるが、今回試乗したクルマは標準サスペンション仕様であった。こちらは、ランフラットタイヤ(グッドイヤー・エクセレンス)を履いている影響もあると思うが、少々しなやかさに欠け、コツコツと硬い乗り心地を示していた。

しかし、筆者にはこれこそがSLK! という思いもある。スポーツカーならこれくらい足まわりがしっかりしていた方がそれらしいし、SLK350に比べてとにかくクルマの動きが軽い。調べてみたら、車重の差は120kgもあった。振り返れば、初代のSLKは4気筒エンジンのみでスタートした。4気筒のパッケージは、SLKの原点ともいえるものなのだ。

SLKに初めて乗ったのは、今から15年前、ローマでの国際試乗会でのことだった。今回、軽さと少々の骨っぽさを感じさせるSLK200のステアリングを握ったときに、なぜだかあの初々しかったSLKのことを思いだした。

(文=竹下元太郎/写真=高橋信宏)

ピボット式の手動ドラフトストップ「エアガイド」は、オープン時の風の巻き込みを防ぐ。100km/h以下では効果は大きかった。
ピボット式の手動ドラフトストップ「エアガイド」は、オープン時の風の巻き込みを防ぐ。100km/h以下では効果は大きかった。 拡大
AMGスポーツパッケージを装着した場合のトランク容量は、ルーフクローズ時は312リッター、オープン時は202リッターとなる。2人で使うには十分な広さだ。
(写真をクリックすると、オープン時とクローズ時の荷室の様子が見られます。)
AMGスポーツパッケージを装着した場合のトランク容量は、ルーフクローズ時は312リッター、オープン時は202リッターとなる。2人で使うには十分な広さだ。(写真をクリックすると、オープン時とクローズ時の荷室の様子が見られます。) 拡大
神戸の街中を行く「SLK200ブルーエフィシェンシー」。ブラックのボディカラーには、ソリッドタイプのほか、オブシディアンブラック(写真)と呼ばれるメタリックタイプも用意されている。
神戸の街中を行く「SLK200ブルーエフィシェンシー」。ブラックのボディカラーには、ソリッドタイプのほか、オブシディアンブラック(写真)と呼ばれるメタリックタイプも用意されている。 拡大
【スペック】SLK200ブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4145×1845×1305mm/ホイールベース=2430mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5250rpm、27.5kgm/1800-4600rpm)/価格=580万円(テスト車=588万4000円/メタリックペイント=8万4000円)
【スペック】SLK200ブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4145×1845×1305mm/ホイールベース=2430mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5250rpm、27.5kgm/1800-4600rpm)/価格=580万円(テスト車=588万4000円/メタリックペイント=8万4000円) 拡大
あなたにおすすめの記事