【スペック】SLK350ブルーエフィシェンシー:全長×全幅×全高=4150×1845×1295mm/ホイールベース=2430mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)/価格=770万円(テスト車=831万2000円/メタリックペイント<ギャラナイトシルバー>=8万4000円/パノラミックバリオルーフ=8万円/AMGスポーツパッケージ=35万円/キーレスゴー=9万8000円)

メルセデス・ベンツSLK350ブルーエフィシェンシー/200ブルーエフィシェンシー【試乗記】

原点回帰という名の進化 2011.08.11 試乗記 メルセデス・ベンツSLK350ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)/200ブルーエフィシェンシー(FR/7AT)
……831万2000円/588万4000円

7年振りにモデルチェンジしたメルセデス・ベンツのコンパクト2シーター「SLK」。その走りはいかなるものだったのか? 神戸〜高松で試した。

あれやこれやと進化している

「バリオルーフ」と呼ばれる可動式ハードトップのスイッチは、初代や2代目とほぼ同じ場所にあった。センターコンソールの、ちょうどドライバーの左ひじが来るあたり。しゃれた小物入れのフタのようなものをはね上げると、銀色のレバーが現れる。これを引くこと18秒ほどで、頭の上に瀬戸内の、青く、高い空が広がった。オープンカーに乗っていて、一気に気分が高揚する瞬間だ。

ルーフの作動時間は、先代型と比べてさらに数秒短縮されている。これはルーフフレームの軽量化によるところが大きいという。マグネシウムが採用され、6kgの軽量化を果たしている。
「サンリフレクティングレザー」と呼ばれる、熱線を反射するコーティングが施された革を使ったシートも、新型ではベースグレード以外で標準装着になった。これは、通常のシートより表面温度が最大で13度も低く抑えられるというスグレモノである。

さらに、今回の試乗会では残念ながら見ることはできなかったが、ルーフトップの濃淡をボタンひとつで変えられる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」なる画期的なオプションも用意される。オープンカーもあれやこれやと進化している。

一方で、クルマも3代続けば、伝統というかDNAというか、これはかたくなに守っているな、と思える部分も見え隠れしてくる。「SLK」の場合、たとえば前後に短く、左右が高いタイトなキャビンスペースなどは確実にそうだろう。守られているような感じが強く、座ればすぐに「あ、SLKだ」とわかる居住まいである。それに対して、ダッシュボードとセンターコンソールが形作る力強い「T」シェイプの造形は、どちらかといえば初代に戻ったような印象もある。

AMGスポーツパッケージが装着されたテスト車には、専用デザインのステアリングやシート、チェッカーフラッグデザインのメーターパネルなどが採用される。
AMGスポーツパッケージが装着されたテスト車には、専用デザインのステアリングやシート、チェッカーフラッグデザインのメーターパネルなどが採用される。
ルーフの開閉スイッチは従来とほぼ同じ場所にある。SLK史上、最も高級感のあるスイッチである。
ルーフの開閉スイッチは従来とほぼ同じ場所にある。SLK史上、最も高級感のあるスイッチである。
ルーフの開閉時間はメーカーいわく20秒以下。試乗車には、ルーフが色付きポリカーボネートとなる「パノラミックバリオルーフ」が装着されていた。この他、さらに濃淡を自分で切り替えられる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」というオプションも存在する。
(写真をクリックするとルーフの開閉が見られます。)
ルーフの開閉時間はメーカーいわく20秒以下。試乗車には、ルーフが色付きポリカーボネートとなる「パノラミックバリオルーフ」が装着されていた。この他、さらに濃淡を自分で切り替えられる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」というオプションも存在する。(写真をクリックするとルーフの開閉が見られます。)
AMGスポーツパッケージを選ぶと、外装はフロントスポイラー、サイドスカート、リアスカートがセット(AMGスタイリングパッケージと呼ぶ)で交換される。
AMGスポーツパッケージを選ぶと、外装はフロントスポイラー、サイドスカート、リアスカートがセット(AMGスタイリングパッケージと呼ぶ)で交換される。
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 第349回:メルセデス・ベンツのデザイナーが語る
    “モダンラグジュアリー”と“ドリームカー”
    2016.6.10 エディターから一言 メルセデス・ベンツが「Sクラス カブリオレ」をはじめとする3台のオープンカーを日本に導入。発表会に合わせて来日したデザイナーに、新しいデザインコンセプトである“モダンラグジュアリー”とは何か、そして3台の“ドリームカー”について話を聞いた。
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る