スズキ、「スイフトスポーツ」を出展【フランクフルトショー2011】

2011.08.10 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】スズキ、「スイフトスポーツ」を出展

スズキは、2011年9月13日に開幕するフランクフルトモーターショーに、新型「スイフトスポーツ」を出展すると発表した。

新型「スイフトスポーツ」は、2010年9月に発売された現行「スイフト」をベースとするスポーティモデル。同車は、「走る・曲がる・止まる」の基本性能をさらに徹底追及、「洗練された上質なスポーツ」をコンセプトに開発が行われたという。

エンジンは、標準モデルの1.2リッターに対し、スイフトスポーツは1.6リッター(M16A)を搭載する。スペックは明らかにされていないものの、さらなる高出力化と低燃費化を達成したとうたわれる。トランスミッションは、6段MTとなる。

サスペンションは、フロントにリバウンドスプリング内蔵のストラット式を採用。標準モデルではトーションビーム式のリアは、同モデル用に新たに設計されるという。これら専用シャシーの採用により、優れた旋回性と機敏なハンドリングが追求される。

安全装備については、軽量高剛性衝撃吸収ボディ、カーテンエアバッグ、運転席ニーエアバッグを含む計7つのエアバッグ、ESPなど充実した内容を誇る。

今回ショーで発表される欧州仕様のスイフトスポーツは、ハンガリーにおいて、2011年10月に生産が開始される予定となっている。

(webCG 曽宮)

「スイフトスポーツ」(欧州仕様)。
内外装は専用デザインとなる。
「スイフトスポーツ」(欧州仕様)。
	内外装は専用デザインとなる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る