第9回:カーアクションだってエコじゃなくちゃ。プリウス大活躍!
『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事』

2011.08.10 エッセイ

第9回:カーアクションだってエコじゃなくちゃ。プリウス大活躍!『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事』

『俺たち』シリーズの最新作

『沈黙』シリーズというものがある。スティーブン・セガールが主演を務める一連の作品で、毎回彼が圧倒的な強さで敵を倒すものだから一切スリルを感じることがない。安心して観られるアクション映画という特異なポジションを獲得し、根強い人気を誇る。実はこれ、シリーズでもなんでもなくて、1992年の『沈黙の戦艦』がヒットしたものだから、以後の作品も「沈黙」の文字を入れたタイトルを付けるのが習いになってしまっただけなのだ。そもそも、元の作品だって原題は「包囲されて」という意味で、沈黙は関係ない。それでも20年にわたって『沈黙の陰謀』『沈黙の報復』『沈黙の鉄拳』などが続々と作られてきた。

もう一つ、『俺たち』シリーズというのもある。『俺たちは天使じゃない』や『俺たちに明日はない』といった名作のことではない。これも日本側の勝手な都合で、お馬鹿コメディ映画になぜか「俺たち」を入れたタイトルを付けるのが習慣化しているのだ。『沈黙』シリーズはまだ主演が同じ人というくくりがあったが、こちらはそれすらない。エドガー・ライトの怪作『ホット・ファズ 俺たちスーパー・ポリスメン!』はサイモン・ペグとニック・フロストのコンビだったし、ほかにもいろいろな俳優が演じている。

しかし、『俺たち』シリーズの大本命といえば、ウィル・フェレルである。『俺たちダンクシューター』『俺たちニュースキャスター』『俺たちステップ・ブラザース』『俺たちフィギュアスケーター』と、輝かしい作品が並ぶ。すべてに共通するのは、主人公が中年ダメ男だということ。そして、ギャグは下劣かつお下品で、中学生レベルの下ネタが満載なのだ。

『俺たち』シリーズ最新作も、ウィル・フェレルが主演である。『サタデー・ナイト・ライブ』以来の盟友アダム・マッケイが監督を務める『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』だ。

(C) 2010 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
(C) 2010 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

第9回:カーアクションだってエコじゃなくちゃ。プリウス大活躍! − 『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事』の画像

第9回:カーアクションだってエコじゃなくちゃ。プリウス大活躍! − 『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。