キャデラック、2012年に新型車を2モデル投入

2011.08.09 自動車ニュース
社内コード「ATS」で呼ばれるキャデラックの新型スポーツセダン。
米GM、2012年にキャデラックの新型車を2車種投入

米ゼネラルモーターズ、2012年にキャデラックの新型車を2モデル投入

米ゼネラルモーターズは、2012年春から夏にかけて、キャデラックブランドの新型車を2モデル投入すると発表した。

2010年のデトロイトモーターショーで発表されたコンセプトカー「キャデラックXTSプラチナム」。
米GM、2012年にキャデラックの新型車を2車種投入

ゼネラルモーターズが2012年夏頃に投入を予定している新型車のスケッチが公開された。「ATS」の社内コードで呼ばれる同モデルは、キャデラックブランドのエントリーモデルに位置づけられるコンパクトスポーツセダンだ。

想定されるライバルは、「BMW3シリーズ」「メルセデス・ベンツ」「アウディA4」などの欧州プレミアムセダン。プラットフォームは、新世代のFRアーキテクチャーが採用され、後輪駆動モデルと四輪駆動モデルが設定される。

「ATS」は、「CTS」と同じミシガン州の工場で生産される予定となっている。

もう1台の新型車は、フラッグシップモデルの「XTS」。同モデルは、2010年1月のデトロイトモーターショーで発表されたコンセプトカー「XTSプラチナム」を市販モデルへと発展させたもの。プラットフォームは、FFアーキテクチャーが用いられ、駆動方式はFFと4WDが設定される。

「XTS」は、カナダ・オンタリオ州の工場において2012年春に生産が開始される予定だ。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。