メルセデス・ベンツ、新型直6エンジン搭載の「S450」を発表

2018.03.01 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS450」
「メルセデス・ベンツS450」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年3月1日、新型直列6気筒エンジンに新技術のISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせて搭載した「S450」「S450エクスクルーシブ」「S450ロング」を発表し、同日予約注文の受け付けを開始した。

新たに登場した直6エンジン(M256型)。排気量は3リッターで「S450」用としては367ps(エンジン単体)を生み出す。
新たに登場した直6エンジン(M256型)。排気量は3リッターで「S450」用としては367ps(エンジン単体)を生み出す。拡大
「S450」の室内。
「S450」の室内。拡大
「S450」のメーターパネル。
「S450」のメーターパネル。拡大
「S450」のフロントシート。
「S450」のフロントシート。拡大
東京都内のホテルで開催された発表会では、新型直列6気筒エンジンの開発を統括した、独ダイムラーのラルフ・ヴェッラー シニアマネージャーが登壇し、技術説明を行った。
東京都内のホテルで開催された発表会では、新型直列6気筒エンジンの開発を統括した、独ダイムラーのラルフ・ヴェッラー シニアマネージャーが登壇し、技術説明を行った。拡大

ISGと48V電気システムを採用

今回発表されたS450は、コンパクトな新型直列6気筒エンジン(M256型)とISG、48V電気システム、電動スーパーチャージャーなどの新技術を搭載して、効率や快適性、高性能化を同時に高めたモデルである。

ISGとはエンジンとトランスミッションの間に配置された最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生する電気モーターのこと。これまで高電圧のハイブリッドシステムが実現してきた駆動力補助やエネルギー回収(回生ブレーキ)などのハイブリッド機能のほか、オルタネーターとスターターも兼ねているのが特徴だ。

このISGと48V電気システムにより、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行って約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電するほか、エンジンが低回転時にはその電力を利用して動力を補助し、高い効率と力強い加速を実現する。同時に、高出力な電気モーターが搭載できたことで、エンジン始動時およびアイドリングストップ時の再始動時の快適性も改善することができたという。

また、2秒以下の短いエンジンストップを行うと、ストップさせない時よりも燃料消費量を増加させるという理由から、システムが「2秒以上停止しない」と予測した場合には、あえてエンジンを停止させない機能が採用されている。さらに、アイドリング時には電気モーターの充電電流を調整することで、エンジン回転数を520rpmという低さで安定的に保つことを可能にしている。これにより、効率や快適性、静粛性が向上した。

新型直列6気筒エンジンを搭載

S450シリーズに搭載される新型3リッター直列6気筒エンジンは、単体で最高出力367ps(270kW)、最大トルク500Nmを発生する。メルセデス・ベンツにとって1997年以来、約20年ぶりの直6エンジンであり、電化を前提にして設計された初めてのエンジンとなる。

直列エンジンの採用により、エンジン左右のスペースに補器類を配置することが可能になった。これに加え、従来はエンジン回転を動力源としていたエアコンやウオーターポンプなども電動化されたため、エンジン前部のベルト駆動装置が不要となり、よりコンパクトなサイズにまとめることができた。さらに、エンジン近接型の触媒を採用することにより、より効率的な排出ガス処理を可能にしている。

排気を利用したターボチャージャー(シングル)のほか、電動スーパーチャージャーも装着されている。これにISGが加わることにより、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現しているとうたわれる。

車両価格は以下のとおり。顧客への納車は、2018年4月頃(S450ロングは同年夏)が予定されている。

・S450:1147万円
・S450エクスクルーシブ:1363万円
・S450ロング:1473万円

(webCG)

関連キーワード:
Sクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る