メルセデス・ベンツSLにスポーティな特別仕様車

2011.08.09 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSL」に上質&スポーティな特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2011年8月5日、ロードスター「SLクラス」に特別仕様車「Grand Edition(グランドエディション)」を設定。カタログモデルとして、同日販売を開始した。

内外装の上質感とスポーティさを一層引き立てたという特別仕様車「グランドエディション」は、3.5リッターV6エンジン搭載の「SL350」と、5.5リッターV8エンジン搭載の「SL550」に設定される。

エクステリアには、チタニウムグレーにペイントされた19インチAMG5スポークアルミホイールやスクエアデザインのツインクロームエグゾーストエンド、クロームショルダーライントリム、ハイグロスドアハンドルなどを装備。ボディカラーは通常の11色に加えて、グランドエディション専用色「designoクリスタルシルバー」(35万円)も選択が可能だ。
インテリアでは、スーパースポーツカー「SLRマクラーレンロードスター」と同じデザインのシフトノブを装着し、トリムにもグランドエディション専用のものが採用される。

またオプションとして、フロントスポイラー、サイド/リアスカートと、チタニウムグレーペイント19インチAMG5ツインスポークアルミホイールなどがセットになった「AMGスポーツパッケージ」も用意。さらにミリ波レーダーによる車間維持機能が付いたクルーズコントロールシステム「ディストロニック」も新価格(25万円)で装着することができる。

価格は「SL350グランドエディション」が1220万円、「SL550グランドエディション」が1565万円。なお両モデルは、従来の「SL350」「SL550」と置き換えられ、カタログモデルとして販売される。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」
「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る