メルセデス・ベンツSLにスポーティな特別仕様車

2011.08.09 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSL」に上質&スポーティな特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2011年8月5日、ロードスター「SLクラス」に特別仕様車「Grand Edition(グランドエディション)」を設定。カタログモデルとして、同日販売を開始した。

内外装の上質感とスポーティさを一層引き立てたという特別仕様車「グランドエディション」は、3.5リッターV6エンジン搭載の「SL350」と、5.5リッターV8エンジン搭載の「SL550」に設定される。

エクステリアには、チタニウムグレーにペイントされた19インチAMG5スポークアルミホイールやスクエアデザインのツインクロームエグゾーストエンド、クロームショルダーライントリム、ハイグロスドアハンドルなどを装備。ボディカラーは通常の11色に加えて、グランドエディション専用色「designoクリスタルシルバー」(35万円)も選択が可能だ。
インテリアでは、スーパースポーツカー「SLRマクラーレンロードスター」と同じデザインのシフトノブを装着し、トリムにもグランドエディション専用のものが採用される。

またオプションとして、フロントスポイラー、サイド/リアスカートと、チタニウムグレーペイント19インチAMG5ツインスポークアルミホイールなどがセットになった「AMGスポーツパッケージ」も用意。さらにミリ波レーダーによる車間維持機能が付いたクルーズコントロールシステム「ディストロニック」も新価格(25万円)で装着することができる。

価格は「SL350グランドエディション」が1220万円、「SL550グランドエディション」が1565万円。なお両モデルは、従来の「SL350」「SL550」と置き換えられ、カタログモデルとして販売される。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」
「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」 拡大

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
ホームへ戻る