メルセデス・ベンツSLにスポーティな特別仕様車

2011.08.09 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSL」に上質&スポーティな特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2011年8月5日、ロードスター「SLクラス」に特別仕様車「Grand Edition(グランドエディション)」を設定。カタログモデルとして、同日販売を開始した。

内外装の上質感とスポーティさを一層引き立てたという特別仕様車「グランドエディション」は、3.5リッターV6エンジン搭載の「SL350」と、5.5リッターV8エンジン搭載の「SL550」に設定される。

エクステリアには、チタニウムグレーにペイントされた19インチAMG5スポークアルミホイールやスクエアデザインのツインクロームエグゾーストエンド、クロームショルダーライントリム、ハイグロスドアハンドルなどを装備。ボディカラーは通常の11色に加えて、グランドエディション専用色「designoクリスタルシルバー」(35万円)も選択が可能だ。
インテリアでは、スーパースポーツカー「SLRマクラーレンロードスター」と同じデザインのシフトノブを装着し、トリムにもグランドエディション専用のものが採用される。

またオプションとして、フロントスポイラー、サイド/リアスカートと、チタニウムグレーペイント19インチAMG5ツインスポークアルミホイールなどがセットになった「AMGスポーツパッケージ」も用意。さらにミリ波レーダーによる車間維持機能が付いたクルーズコントロールシステム「ディストロニック」も新価格(25万円)で装着することができる。

価格は「SL350グランドエディション」が1220万円、「SL550グランドエディション」が1565万円。なお両モデルは、従来の「SL350」「SL550」と置き換えられ、カタログモデルとして販売される。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」
「メルセデス・ベンツSL350グランドエディション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
ホームへ戻る