クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)

21世紀のお駕篭 2018.03.09 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。

欧米の高級車と日本のミニバンの違い

以前にも同じことを書いたけれど、欧米の高級車は馬車の末裔(まつえい)である一方で、日本のミニバンは駕篭(かご)の後継であるというのが個人的な意見である。

愚説をいま一度繰り返すならば、馬車は4頭仕立て、8頭仕立てと馬の数が増えるほどに高級になった。先っちょが長い乗り物がエラいと西洋人は刷り込まれているから、クルマもロングノーズがカッコいいとされる。また、馬の数が増えるということは、よりパワフルに、より速くなるということでもある。したがって欧米の高級車はパワーとスピードがあってあたりまえ。のんびり、ゆったり走る高級車はあり得ない。一方、日本人がエラい人の乗り物として認識したのは、「下へ下へ」の大名行列の駕篭だ。だから日本では、四角くて、びっくりするほど速くは走らないミニバンが憧れの対象となる。

といった具合に、欧米の高級車と日本のミニバンでは、大げさにいえば文化的背景が異なる。したがって欧米のクルマが大好物のエンスーが日本のミニバンを見てカッコ悪いとさげすむのは(イマ風にいえば「disる」のは)、ちょんまげを笑うのと同じだ。同じではないかもしれないけれど、近いのではないか。

反対にミニバン愛好家が高級ヨーロッパ車に対して、「なんであんなに狭っ苦しいのに値段が高いんだ」という反応を示すのは、「なんでちっぽけなトリュフのかけらがこんなに高いんだ」と言うのと同じだ。同じではないかもしれないけれど、当たらずとも遠からじではないか。

すっかり前置きが長くなってしまったけれど、本題は2017年12月にマイナーチェンジを受けたトヨタ・ヴェルファイア。「駕篭の後継」という目で見ると、なかなか興味深いモデルだった。

堂々としたボディーサイズと、高い駆動力を発生するパワープラントが魅力の「トヨタ・ヴェルファイア」。フルモデルチェンジから3年を迎えるにあたり、2017年12月にマイナーチェンジが施された。
堂々としたボディーサイズと、高い駆動力を発生するパワープラントが魅力の「トヨタ・ヴェルファイア」。フルモデルチェンジから3年を迎えるにあたり、2017年12月にマイナーチェンジが施された。拡大
ボリューム感のあるダッシュボードと太いセンターコンソールが目を引くインストゥルメントパネルまわり。今回のマイナーチェンジでは、木目の色などが変更されている。
ボリューム感のあるダッシュボードと太いセンターコンソールが目を引くインストゥルメントパネルまわり。今回のマイナーチェンジでは、木目の色などが変更されている。拡大
「ZG」のシート表皮は合成皮革が標準。試乗車に装備されていた本革シートは有償オプションである。
「ZG」のシート表皮は合成皮革が標準。試乗車に装備されていた本革シートは有償オプションである。拡大
ネッツ店で販売される「アルファード」の姉妹モデルとして「ヴェルファイア」が登場したのは2008年のこと。現行型は2015年にデビューした2代目のモデルとなる。
ネッツ店で販売される「アルファード」の姉妹モデルとして「ヴェルファイア」が登場したのは2008年のこと。現行型は2015年にデビューした2代目のモデルとなる。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

今まで以上にコワモテに

「バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク」という舌をかみそうな呼称は、プロレスの技の名前ではなくボディーカラーの名前で、わかりやすく書けば“黒メタ”だ。乗り込む前に周囲を一周すると、大げさではなく小山のように感じるサイズ感と、立派なフロントマスクに圧倒される。

駕篭の場合も、エラい人が乗るモノほど大型化して装飾も派手になったらしいから、日本のフラッグシップミニバンであるヴェルファイアがデカくてギラギラしているのは、伝統に則している。参考までに、駕篭も立派になると引き戸が付いたというから、これもスライドドアに引き継がれている。

マイチェンに伴う変更箇所を記せば、まずフロントマスクの“目ヂカラ”がさらに強くなった。理由は、特徴的なヘッドランプのうち、下段の部分を大きくしたから、さらに“どっしり感”が増した。ちなみに、デザイナー陣はフロントの造形に手を加えるにあたってはダンベルの形状をイメージしたとかで、確かにそう言われるとダンベルのように見えてくる。そしてダンベルがモチーフかと思うと、ヴェルファイアの造形がさらに力強く見えてしまう。連想ゲームか。

デカくて強そうな部分に目を奪われがちであるけれど、フロントバンパーの角に施された“サイドポンツーン”(ダミーのエアインテーク)がいいアクセントになっている。ジャイアンにデベソがあるからかわいく見えるのと同じように、この構造物があるから、大きくて四角いヴェルファイアが走りだしそうな雰囲気を醸す。リアビューがすっきりしたのは、リアのコンビネーションランプの形状をソリッドなものに替えたから。より精悍(せいかん)な印象となった。

外観の変更点をチェックした後、ステップに足をかけて運転席に座る。座る、というより上がると表現したくなるくらい、着座位置は高い。

フロントまわりでは、デザイナーが“サイドポンツーン”と呼ぶダミーのエアインテークが特徴。リアへと続くサイドビューの凹面のラインとも相まって、「ヴェルファイア」のデザインに動きを与えている。
フロントまわりでは、デザイナーが“サイドポンツーン”と呼ぶダミーのエアインテークが特徴。リアへと続くサイドビューの凹面のラインとも相まって、「ヴェルファイア」のデザインに動きを与えている。拡大
バンパーやグリルと並んでフロントマスクを特徴付ける、新デザインのLEDヘッドランプ。青いカラーリングが特徴で、グレードに応じて3眼式と2眼式が使い分けられている。
バンパーやグリルと並んでフロントマスクを特徴付ける、新デザインのLEDヘッドランプ。青いカラーリングが特徴で、グレードに応じて3眼式と2眼式が使い分けられている。拡大
「ZG」に装備される「エグゼクティブパワーシート」。電動式のリクライニング調整機構やオットマンが備わっており、オプションの本革シートを選ぶとヒーターも追加装備される。
「ZG」に装備される「エグゼクティブパワーシート」。電動式のリクライニング調整機構やオットマンが備わっており、オプションの本革シートを選ぶとヒーターも追加装備される。拡大
2列目シートからも助手席のポジションを動かせるよう、助手席の背もたれには、右の側部にもリクライニングとスライドの調整スイッチが備わっている。
2列目シートからも助手席のポジションを動かせるよう、助手席の背もたれには、右の側部にもリクライニングとスライドの調整スイッチが備わっている。拡大

これはこれでファン・トゥ・ドライブ

試乗したZGは、3.5リッターのV型6気筒エンジンと8段ATを組み合わせた前輪駆動モデル。現行“アルヴェル”(“セドグロ”のように、アルファードとヴェルファイアの総称がこれらしい)が登場した3年前にも驚いたけれど、このクルマは見かけから判断するよりはるかにファン・トゥ・ドライブだ。

その理由として、まずステアリングフィールのよさが挙げられる。「前輪に大きなトルクがかかるFFのハイパワー車は、ステアリングホイールの手応えが悪くなる」という常識は、技術の進歩によって覆された。ステアリング操作を行うと、タイヤがどの方向にどれくらい切られているか、路面がどんなコンディションか、といった情報が細やかに手のひらに伝わってくる。

懐の深い乗りも好印象。まず、速度を問わずに乗り心地は重厚で快適、その乗り味は、ちょっと湿度を感じさせるしっとりとしたフィーリングだ。コーナーでは、4本の脚が伸びたり縮んだりよく動いて、車体を水平に保ってくれる。
残念ながら駕篭に乗ったことはないけれど、駕篭もこんな乗り心地ではなかったか。
目を閉じて想像してみてください。ヴェルファイアの車体の四隅を、体格のいい青年たちが担いでいる光景を。青年たちが膝を折ったり伸ばしたりしながら、一生懸命に駕篭の姿勢を水平に保ち、駕篭の中の大名さまにショックを伝えないようにがんばっている。

ファン・トゥ・ドライブといってもホットハッチのようにきびきび走るのとは違う。マスの大きな乗り物を正確に、快適に動かしていると感じる楽しさだ。
正確かつ快適に動かしていると感じられるもうひとつの要因は、素直に反応するパワートレインである。低回転域から豊かなトルクを発生するエンジンと、それを効率よく伝えるトランスミッションのおかげで、デカいボディーを意のままに動かしているという実感が得られる。

アクセルペダルを踏み込むと、スムーズかつ素早くギアが下がり、エンジン回転が跳ね上がり、きれいに加速する。このとき、V6エンジンがちょっといい音で回るのがおもしろい。
家族をたくさん乗せて高速道路を走っているアルヴェルのオトーサンたちは、決してイヤイヤ運転しているわけではなく、ドライブを楽しんでいるのだ。

3列目シートは5:5の分割格納式。格納方法はシンプルな跳ね上げ式だが、その前にシートの前後位置を適切な場所に合わせたり、中央席のヘッドレストを外したりする必要があり、なかなかに手間がかかる。
3列目シートは5:5の分割格納式。格納方法はシンプルな跳ね上げ式だが、その前にシートの前後位置を適切な場所に合わせたり、中央席のヘッドレストを外したりする必要があり、なかなかに手間がかかる。拡大
数あるグレードの中でも、切削光輝加工とブラック塗装の18インチアルミホイールが用意されるのは、「ZG」と「Z“Gエディション”」の2グレードのみ。タイヤサイズは235/50R18となっている。
数あるグレードの中でも、切削光輝加工とブラック塗装の18インチアルミホイールが用意されるのは、「ZG」と「Z“Gエディション”」の2グレードのみ。タイヤサイズは235/50R18となっている。拡大
3.5リッターモデルについては、エンジンを従来の「2GR-FE」から「2GR-FKS」に変更。燃料噴射装置には、状況に応じてポート噴射と筒内直接噴射を使い分ける「D4-S」が採用されている。
3.5リッターモデルについては、エンジンを従来の「2GR-FE」から「2GR-FKS」に変更。燃料噴射装置には、状況に応じてポート噴射と筒内直接噴射を使い分ける「D4-S」が採用されている。拡大
トルコン式ATも、従来の6段から8段に多段化。なお、8段ATと「2GR-FKS」エンジンとの組み合わせは、トヨタの中でもこれが初となる。
トルコン式ATも、従来の6段から8段に多段化。なお、8段ATと「2GR-FKS」エンジンとの組み合わせは、トヨタの中でもこれが初となる。拡大
ボディーについては、構造用接着剤の適用範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の採用などにより、剛性を強化。操縦安定性の向上と乗り心地の改善を図っている。
ボディーについては、構造用接着剤の適用範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の採用などにより、剛性を強化。操縦安定性の向上と乗り心地の改善を図っている。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

まだまだ進化の途上

ミニバンは駕篭の後継だと書いたけれど、進化形ではない。というのも、駕篭はおそらく2人で運ぶタイプも8人で運ぶタイプも、決してほかの駕篭や人と衝突することはなかったはずだからだ。そして三軒茶屋にあったとされる三軒のお茶屋さんでは情報交換、例えば西からやってきた旅人から「大井川が氾濫して危ない」という情報をゲットすると迂回(うかい)ルートを考えた。そうした点では、クルマより進んでいる。

マイナーチェンジのタイミングで、ヴェルファイアはプリクラッシュセーフティーやレーントレーシングアシストといった運転支援機能がセットになった予防安全パッケージ、第2世代版の「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されるようになった。

また、試乗車にはオプションの「T-Connect」が装備されていた。つまり“つながるクルマ”で、つながって何ができるかというと、「T-Connect」を装備して各地を走るクルマからのリアルタイムの情報とVICSの情報をあわせて、トータルで最適なルートを探索できる。熊本の震災で、トヨタがリアルタイムの情報を集めて「通れた道マップ」を公開したことが記憶に新しいけれど、お茶屋さんで旅人から話を聞かずとも、運転席で遠方の交通情報が得られるようになった。といった具合に、テクノロジーの進化とともに、ミニバンと駕篭はどんどん似てくるのだった。

ヨーロッパ車を好むエンスージアストがミニバンを悪く言うのは、おそらく駕篭のくせに椅子に座っている“和洋折衷”の雰囲気がカッコ悪いということだと想像する。畳の上に椅子とテーブルを置いているというか、湯飲みでコーヒーを飲んでいるというか。

この先、さらにテクノロジーが進化して、事故ゼロ(=自動運転)が実現したら、シートベルトはいらないから室内は畳でいいし、ドアも障子でよくなる。そうなった時に、駕篭の後継としてのミニバンが完成するわけで、いまはまだ未完成。ミニバンが完成した暁には、オプションに堀ごたつや、“茶室パッケージ”が用意されるようになるはずだ。

(文=サトータケシ/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

新しいパワープラントの採用により、3.5リッターモデルの燃費はこれまでの9.1~9.5km/リッターから10.4~10.8km/リッターに向上している。
新しいパワープラントの採用により、3.5リッターモデルの燃費はこれまでの9.1~9.5km/リッターから10.4~10.8km/リッターに向上している。拡大
運転支援システムの拡充もマイナーチェンジモデルのトピック。リアクロストラフィックアラートやブラインドスポットモニターなどが新たに採用された。
運転支援システムの拡充もマイナーチェンジモデルのトピック。リアクロストラフィックアラートやブラインドスポットモニターなどが新たに採用された。拡大
「レーントレーシングアシスト」も今回追加された新装備であり、前走車追従クルーズコントロールを作動させると、車線維持を支援する操舵アシストが機能するようになった。
「レーントレーシングアシスト」も今回追加された新装備であり、前走車追従クルーズコントロールを作動させると、車線維持を支援する操舵アシストが機能するようになった。拡大
テスト車に装備されていたオプションの「T-Connect SDナビゲーションシステム」。「JBLプレミアムサウンドシステム」とのセットで、「エグゼクティブラウンジ/エグゼクティブラウンジZ」に標準装備、その他のグレードにオプションで用意される。
テスト車に装備されていたオプションの「T-Connect SDナビゲーションシステム」。「JBLプレミアムサウンドシステム」とのセットで、「エグゼクティブラウンジ/エグゼクティブラウンジZ」に標準装備、その他のグレードにオプションで用意される。拡大
意外にも運転の楽しいクルマだった「ヴェルファイアZG」だが、こうした高級ミニバンが本領を発揮するのは、完全自動運転が実現してからかもしれない。
意外にも運転の楽しいクルマだった「ヴェルファイアZG」だが、こうした高級ミニバンが本領を発揮するのは、完全自動運転が実現してからかもしれない。拡大

テスト車のデータ

トヨタ・ヴェルファイアZG

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4935×1850×1935mm
ホイールベース:3000mm
車重:2120kg
駆動方式:FF
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:8段AT
最高出力:301ps(221kW)/6600rpm
最大トルク:361Nm(36.8kgm)/4600-4700rpm
タイヤ:(前)235/50R18 97V/(後)235/50R18 97V(トーヨー・トランパスR30)
燃費:10.6km/リッター(JC08モード)
価格:494万7480円/テスト車=652万2120円
オプション装備:ボディーカラー<バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク>(3万2400円)/本革シート+アクセサリーコンセント<AC100V・100W>(33万1560円)/3眼LEDヘッドランプ<ハイ・ロービーム/オートレベリング機能付き>+LEDクリアランスランプ<イルミネーション[デイライト]機能付き+LEDアクセサリーランプ>+アダプティブハイビームシステム+LEDシーケンシャルターンランプ<フロント+リア>+LEDコーナリングランプ(11万5560円)/ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックアラート+インテリジェントクリアランスソナー<パーキングサポートブレーキ>+T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム(71万2800円)/デジタルインナーミラー(4万3200円)/12.1型リアシートエンターテインメントシステム<VTR入力端子、HDMI入力端子付き>(18万3600円)/ITS Connect(2万7000円)/寒冷地仕様<熱線式ウインドシールドデアイサー+PTCヒーターなど>(2万5920円) ※以下、販売店オプション 専用フロアマット<ロイヤルタイプ、エントランスマット付き>(10万2600円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:987km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(6)/山岳路(0)
テスト距離:279.0km
使用燃料:30.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.3km/リッター(満タン法)
 

トヨタ・ヴェルファイアZG
トヨタ・ヴェルファイアZG拡大

関連キーワード:
ヴェルファイアトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事