第431回:これは走るダイエットフードだ! デミオでわかった「スカイアクティブ」の本質

2011.08.08 エッセイ

第431回:これは走るダイエットフードだ!デミオでわかった「スカイアクティブ」の本質

イイのは燃費だけじゃない?

いやはや久々感動しました。「マツダ・デミオ ハイブリッド」……じゃなかった「マツダ・デミオ 13-SKYACTIV」(汗)。
これまでの常識をひっくり返す、世界最高の高圧縮比14:1を達成したノンハイブリッドエコカーで、先日試乗会にようやっと行ってきたわけだけど、最初はてっきり燃費の良さをアピールしてくるとばかり思ってたのね。例の、10・15モード燃費=リッター30km。

そしたら、開発主査の水野成夫さんは言うんだわ。
「デミオはね、低燃費技術だけじゃないんですよ。とにかく楽しいクルマにしたつもりなので見てください」。

最初は……え? と思いましたね。燃費をアピールしてくると思ってたのに、走りだなんて。ローカロリーをうたいつつ、味をアピールするビールのようなもんですわ。最近の清涼飲料水はみんなそうだけど……。

でも、乗った瞬間わかりました。なるほど……こうきましたか、と。ステアリングは切りだした瞬間から軽さとダイレクト感があって、なおかつ旧型にあった若干無理矢理なクイックさはない。その辺は同じダイレクトフィールでも国内ベストセラーの「ホンダ・フィット」とは味が違っていて、デミオの方がタッチがより繊細で、FR車っぽい。

それとエンジンだよね。「スカイアクティブG 1.3」と名付けられた新エンジンは、これまでの1.3リッター直4に比べ、排気量が50cc小さくなったこともあって、数値上は最高出力で6ps、最大トルクで0.8kgm落ちているけど(「13C-V」比)、それはさほど感じられない。

それはトルクカーブのカタチとエンジン音の妙で、トルクが回転数に応じてリニアに積み上がっていくのと、以前あった4000rpm付近のコモリ音を取り去ったおかげ。
「これはロードスターから学んだんです。あの開発も私がやりましたけど、パワーは絶対値も大切ですが“出し方”も大きいので」。
うーむ、なるへそ。水野さん、いいマッサージ師になりそうだわ。気持ちのいいポイントわかってます(笑)。

マイナーチェンジとともに登場した、「マツダ・デミオ」の新グレード「13-SKYACTIV」。燃費に配慮した専用設計のエンジンを搭載する。
マイナーチェンジとともに登場した、「マツダ・デミオ」の新グレード「13-SKYACTIV」。燃費に配慮した専用設計のエンジンを搭載する。

第431回:これは走るダイエットフードだ! デミオでわかった「スカイアクティブ」の本質の画像
これが1.3リッターの高圧縮型ガソリンエンジン「スカイアクティブG 1.3」。青いエンジンカバーが、特別なエンジンの証しだ。
これが1.3リッターの高圧縮型ガソリンエンジン「スカイアクティブG 1.3」。青いエンジンカバーが、特別なエンジンの証しだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』