【スペック】全長×全幅×全高=4690×1850×1790mm/ホイールベース=2710mm/車重=1830kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(167ps/5600rpm、23.4kgm/4600rpm)/価格=354万円(テスト車=395万3000円/ボディカラー<ホワイトパール>=6万3000円/ラグジュアリーパッケージ=35万円)

シボレー・キャプティバ(4WD/6AT)【試乗記】

今時のシボレー 2011.08.08 試乗記 シボレー・キャプティバ(4WD/6AT)
……395万3000円
韓国GMが生産するシボレーのSUVモデル「キャプティバ」が日本上陸。新しいアメリカ車の走りと使い勝手を試した。

今のアメリカンプロダクト

生まれ変わったGMは、日本での戦略も軌道修正を図ってきた。例えば今年生誕100周年を迎えるシボレーブランドは、これまでは「コルベット」や「カマロ」などアメリカ車を象徴するスポーティカーを中心に販売してきたが、今後は「誰もが手に入れやすい今時のグローバルアメリカンブランド」として、より幅広い車種を導入していくという。

その第1弾が今回紹介する2.4リッター直列4気筒エンジン搭載のミドルクラスSUV「キャプティバ」である。続いて年内にはコンパクトなハッチバックの「ソニック」も投入予定だ。ちなみにこの2車種はメイドインUSAではない。今年3月にGM大宇から名称を改めた韓国GMが生産する。
今までのシボレーブランドのイメージからすると、「?」が3つぐらい頭に浮かびそうな戦略に思えるかもしれない。でも今のアメリカンプロダクトは、すべてがマッチョ路線ではない。アップルやナイキ、フェイスブックといった名前を出せば納得してもらえるだろう。それに近年のクルマは家電や服飾と同じように、ブランドの本拠地とプロダクトの生産地が異なるのは当然になりつつある。

実はキャプティバには、米韓以外にも多くの国が絡んでいる。デザインはこの2カ国で進められたが、技術は北米・韓国・欧州・メキシコ、パワートレインは北米と豪州のジョイントベンチャーであり、生産は韓国の他ロシア、中国、タイ、エジプトでも行われるというグローバルモデルなのである。
ちなみにプラットフォームは、日本で販売しているクルマでは「キャデラックSRX」が共通となるシータプラットフォームを採用しており、4気筒エンジンはオペル/ヴォグゾールの2/2.2リッターと基本設計を共有している。
そんなクルマをはたしてシボレーと呼べるのか? と疑問を持つ人もいるだろう。しかし東京・品川のGMジャパン本社前で対面した実車は、まぎれもないシボレーだった。

テスト車には、レザーシート、フロントシートヒーター、電動ガラススライディングルーフがセットになったラグジュアリーパッケージ(メーカーオプション)が装備されていた。標準はクロス&アーティフィシャルレザーのコンビネーションシート。
テスト車には、レザーシート、フロントシートヒーター、電動ガラススライディングルーフがセットになったラグジュアリーパッケージ(メーカーオプション)が装備されていた。標準はクロス&アーティフィシャルレザーのコンビネーションシート。
丸いランプを内蔵した大きなテールランプが特徴的なリアビュー。
丸いランプを内蔵した大きなテールランプが特徴的なリアビュー。
試乗会場には、「キャプティバ」(写真左)のほか、2011年秋に導入予定の「ソニック」(右)や2011年7月に発売された「カマロコンバーチブル」(右から2番目)のほか、本国では一部の州で販売が開始されているレンジエクステンダーEV(シリーズ方式プラグインハイブリッド)「ボルト」(左から2番目)が展示されていた。
試乗会場には、「キャプティバ」(写真左)のほか、2011年秋に導入予定の「ソニック」(右)や2011年7月に発売された「カマロコンバーチブル」(右から2番目)のほか、本国では一部の州で販売が開始されているレンジエクステンダーEV(シリーズ方式プラグインハイブリッド)「ボルト」(左から2番目)が展示されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。