スカイアクティブ搭載の「アクセラ」、生産開始

2011.08.08 自動車ニュース

マツダ、スカイアクティブ搭載の「アクセラ」生産開始 発売は今秋

マツダは2011年8月8日、同社の新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を採用する新型「アクセラ」(マイナーチェンジ車)の生産を開始したと発表した。

同社の年間総販売台数のおよそ3分の1を占める主力車種「アクセラ」に、新技術が投入される。

ひとつは、新開発の2リッター直噴ガソリンエンジン「スカイアクティブG 2.0」の採用。先だって「デミオ」にも搭載された「スカイアクティブG」シリーズの第2弾となる。
さらに、新型6段オートマチックトランスミッション「スカイアクティブドライブ」が初めて搭載される。この新しいATは、発進と停止時以外はすべてロックアップすることで、MTのようなダイレクト感を実現するというもの。伝達効率の向上により、燃費の改善にも貢献する。
先にリリースされた「デミオ」同様、スムーズな運転を促す「i-DM」(インテリジェント・ドライブ・マスター)も装備されるという。

新しい「アクセラ」の発売は、2011年秋が予定されている。

(webCG 本諏訪)

「マツダ・アクセラスポーツ」(写真は現行モデル)
今秋、「マツダ・アクセラ」にスカイアクティブ搭載
「スカイアクティブG 2.0」
今秋、「マツダ・アクセラ」にスカイアクティブ搭載
「スカイアクティブドライブ」
今秋、「マツダ・アクセラ」にスカイアクティブ搭載

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る