未来の交通手段の実証実験が始まった!
日産とDeNAが協業する「イージーライド」って何だ?

2018.03.12 デイリーコラム

横浜・みなとみらい地区で実証実験を開始

日産自動車とDeNAは2018年2月28日、日産のグローバル本社(神奈川県横浜市)で新しいモビリティーサービス事業「Easy Ride(イージーライド)」の共同記者発表を行った。

イージーライドは、日産が開発中の完全自動運転の技術を、DeNAが開発するモビリティーサービス事業と連動させるものだ。

ここでいうモビリティーサービス事業とは、郊外型住宅在住で免許を返納した高齢者やインバウンドの外国人観光客、そして電車の駅やバス停と自宅との間を結ぶ、短距離移動のラストワンマイルなどに向けた交通のことで、さまざまな可能性を秘めている。

第1段階の実証試験では、3月に横浜・みなとみらい地区の約4.5kmのルートで先代「日産リーフ」をベースとした完全自動運転車を運行させる。

では、イージーライドとは具体的にどのようなサービスなのか。

今回、日産の協力を得て、実際に体験することができた。まずは日産のグローバル本社前で、専用のスマホアプリを立ち上げる。すると、最初の画面に「何しに行く?」と表示が出た。「ハンバーガーを食べたい」と音声入力すると、みなとみらい地区で人気のハワイアン・ハンバーガーショップを検出し、そこまでのルートや所要時間が検出された。

次に、車両に迎えにきてもらう時間を設定して準備完了。しばらくすると、目の前に先代リーフがやってきた。スマホのアプリでドアロックを開錠して後席に座る。後席の中央にはタブレットがあり、走行中に周辺の観光情報が提示され、イージーライド限定の各種クーポンをスマホにダウンロードできる。そうこうしていると、目的地に設定したハンバーガーショップの最寄り施設であるワールドポーターズに到着した。

「イージーライド」の実証実験に使用される、先代「日産リーフ」をベースとした車両。ボディーの各所にさまざまなカメラやセンサーなどが装着されている。
「イージーライド」の実証実験に使用される、先代「日産リーフ」をベースとした車両。ボディーの各所にさまざまなカメラやセンサーなどが装着されている。拡大
後席に設置されたタブレット端末には、周辺の観光情報や店舗の割引クーポンなどが表示される。クーポンはスマートフォンにダウンロードして利用できる。
後席に設置されたタブレット端末には、周辺の観光情報や店舗の割引クーポンなどが表示される。クーポンはスマートフォンにダウンロードして利用できる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事