ショーでの立場はEVに押され気味!?
欧州市場における自動運転の現在地

2018.03.14 デイリーコラム

ジュネーブの主役は電動化車両

毎年恒例のスイス・ジュネーブモーターショー。ドイツのフランクフルトショーとフランスのパリショーは隔年で開催されることもあり、ジュネーブショーは欧州市場のトレンドを定常的に探るために最適な場所である。

今年のショー会場で目立ったのは、プレミアムな電気自動車(EV)だった。

ジャガーの「Iペース」やポルシェの「ミッションEクロスツーリスモ」など、米テスラを狙い打ちする高付加価値型のEVが続々と登場した。

欧州市場では2016年にフォルクスワーゲン(VW)グループが中期経営計画の中で「EVシフト」を強調し、欧州メーカー各社がVWの戦略に相乗りする動きが進んでいる。

中でもダイムラーは、EVだけでなく、次世代車を総括的に開発し、そして事業化するマーケティング戦略として「CASE(ケース)」を提唱している。コネクテッド(通信の融合)、オートメイテッド(自動運転化)、シェアリング(共用化)、そしてエレクトリフィケーション(電動化)の頭文字を取ったものだ。

ところが、ダイムラーやVWを含めて、今回のショーでは自動運転車に関する発表はほとんどなかった。

一体、どうしてだろうか?

現在開催中のジュネーブモーターショーでダイムラーは、2020年からすべてのスマート車を電動化すると発表した。
現在開催中のジュネーブモーターショーでダイムラーは、2020年からすべてのスマート車を電動化すると発表した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事