アウディジャパン、日本代表ジャージ身にまとう

2011.08.05 自動車ニュース
アウディジャパン、日本代表ジャージ身にまとう

アウディジャパン本社、サッカー日本代表ジャージに包まれる

2011年8月5日、東京・世田谷のアウディジャパン本社が、サッカー日本代表を応援する巨大なジャージに包まれた。


アウディジャパン、日本代表ジャージ身にまとう

アウディジャパンは、JFA(日本サッカー協会)とサポーティングカンパニー契約を結び、SAMURAI BLUE(日本代表)、U-23(23歳以下)、U-20(20歳以下)、U-17(17歳以下)、なでしこジャパン(日本女子代表)、フットサル、ビーチサッカーの各代表チームをサポートしている。

今回、サッカー日本代表チームのサポーターらがアウディジャパン本社を訪問。スタジアムで実際に応援に使っている「ビッグジャージ」を本社屋上から外壁に掲げ、披露した。

このジャージは、縦28m×横28mという大きさで、代表選手や全国のサポーターなど約4万人のメッセージが添えられている。この日もアウディジャパン 大喜多社長や、同社社員らによって応援メッセージが書き加えられた。

同ジャージは、2011年8月10日に札幌で行われるキリンチャレンジカップ・韓国戦にも登場する予定だ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。