第205回:夏本番、あの“チンチン娘の親分”はまだ現役だった!

2011.08.05 エッセイ

第205回:夏本番、あの“チンチン娘の親分”はまだ現役だった!

交通情報映像にだまされるな

「また、ウソだー!」テレビの前で声を上げ、大笑いする時期がやってきた。
夏休みシーズン本番。イタリアのテレビニュースは毎週末、海へ向かうアウトストラーダの混雑を伝えている。そうしたとき、日本のテレビ局では到底考えられない映像が映る。何かといえば、過去の渋滞映像の使いまわしだ。昔撮影した料金所や国境付近などの渋滞映像を何年も繰り返し使っているのである。ローカル局ではない。全国ネットの一流局が、それを堂々とやっているのだ。「資料映像」というテロップも出ない。

その使いまわし、クルマ好きの目にはすぐわかってしまう。さすがのイタリアでも寄る年波からアウトストラーダで見かけることがまれになった2代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「ランチア・アウトビアンキY10」、現役時代からレア車だった「ランチア・カッパ」などがしっかり映っているからだ。
もちろん道路交通情報センターのモノクロモニター映像が転送され、放映されることもあるが、その回数は日本に比べて極めて少ない。イタリア人は、たいしてニュースにリアルタイム映像を期待していないようだ。

これには理由がある。ベルルスコーニ首相の乗ったクルマが首相官邸に入るときの映像しかり、原油価格高騰のニュースで石油の入ったドラム缶がコンベア上を流れるビデオしかり、他のニュースでも使いまわしが当たり前なのである。したがって渋滞ニュースも、いわば“ムード映像”でもオッケーなのだろう。

逆に、ボク個人がひそかにイタリアのテレビニュースで評価していることもある。交通事故のときだ。
さすがにそれらを伝える映像は“現場での撮りおろし”であるが、そうしたときイタリアでは、事故を起こしたクルマや巻き込まれたクルマのメーカー名や車種名を必ずといっていいほど読み上げるのだ。
彼らが意識して行っているとは思えないが、「上手に潰れていることからして、かなり衝突安全性の高い設計に違いない」とか、「あの超高級車でも、その速度で衝突すれば、こんなになってしまうのか」と、ボクにとってはかなりの情報が入手できるのである。
まあ、ときには、「免許取りたての若者が父親のマセラティを引っ張り出し、友達を乗せて速度超過のあげく大事故」といった、「おいおい〜」と言わざるを得ないものもあるが。

今回はイタリア・夏の風景を少々。アウトストラーダ・デル・ソーレ(太陽の道)のインター近くで。
今回はイタリア・夏の風景を少々。アウトストラーダ・デル・ソーレ(太陽の道)のインター近くで。
フィレンツェ空港の駐車場。混雑に駐車券発行機の不機嫌が加わって長蛇の列が。
フィレンツェ空港の駐車場。混雑に駐車券発行機の不機嫌が加わって長蛇の列が。
フィレンツェ・ガリレオ・ガリレイ空港。ターミナルの入口から日光浴は始まっている。
フィレンツェ・ガリレオ・ガリレイ空港。ターミナルの入口から日光浴は始まっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。