【スペック】レガシィツーリングワゴン2.5i EyeSight:全長×全幅×全高=4775×1780×1535mm/ホイールベース=2750mm/車重=1550kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4SOHC16バルブ(170ps/5600rpm、23.4kgm/4000rpm)/価格=289万8000円(テスト車=353万8500円/本革シート+LEGACYマッキントッシュサウンドシステム&HDDナビ+サンルーフ=64万500円)

スバル最新モデル試乗会【試乗記】

スバルの今後を占う3台 2011.08.04 試乗記 スバル・レガシィツーリングワゴン2.5i EyeSight(4WD/CVT)/ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)/エクシーガ2.0i-S(4WD/CVT)……353万8500円/136万円/294万5250円

「アイサイト」の性能向上や軽のOEM車導入など、話題の多いスバル。ミニバンから軽乗用車まで、最新モデル3台に試乗した。

正常進化した看板モデル……スバル・レガシィツーリングワゴン2.5i EyeSight(4WD/CVT)

2011年6月に2度目のマイナーチェンジを実施した「レガシィ」は、人気の運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」の搭載グレードが拡大されたことに加えて、アイサイトの性能向上や走りの進化が図られた点が、新型の見どころだという。

果たしてどのくらい進化したのか? 「レガシィツーリングワゴン2.5i EyeSight」でさっそくチェックすることにした。さいわい試乗会場には変更前の同グレードが用意されていたので、比較するには好都合である。いの一番に衝突回避ブレーキの「プリクラッシュブレーキ」を試してみると、確かに動きが違っているのがわかる。新型のほうが減速Gの立ち上がりが鋭い。そして、障害物の認識性能が上がっているようで、テスト会場のように白線がなく、クルマの先にガードレールがあるような場合でも、早い時点で前のクルマを捉えていたのだ。

高速道路での追従走行でも、その進化が見て取れる。先行車が停止すると、それに合わせて自車も減速するのだが、以前は先行車との距離が縮まり、「そろそろブレーキをかけませんか?」とお願いしたくなることがあったのに、新型は少し早めに減速をはじめるので、クルマに速度調整を任せっきりでも不安はなかった。この安心感のアップこそ、開発陣の狙ったところだろう。

しかし、ふだん使う上で一番のメリットは乗り心地の向上だろう。新型のほうがサスペンションの動きがしなやかで、快適さは一枚上手。エンジニアによれば、サスペンションアームの軽量化や、リア・ラテラルリンクのゴムブッシュをピロボールに変更したのが効いているのだという。看板モデルのレガシィだけに、あの手、この手で進化を図るスバルのエンジニアたち。その成果がしっかり確認できた。

 
スバル最新モデル試乗会【試乗記】の画像
「アイサイト」はステレオカメラの認識性能向上、VDCユニットの改良、制御ソフトの熟成によって、プリクラッシュブレーキ、全車速追従機能付クルーズコントロールともに、より自然で滑らかな動作の実現が図られた。
「アイサイト」はステレオカメラの認識性能向上、VDCユニットの改良、制御ソフトの熟成によって、プリクラッシュブレーキ、全車速追従機能付クルーズコントロールともに、より自然で滑らかな動作の実現が図られた。
従来、「アイサイト」装着車にサンルーフは組み合わせられなかったが、今回のマイナーチェンジで選べるようになった。
従来、「アイサイト」装着車にサンルーフは組み合わせられなかったが、今回のマイナーチェンジで選べるようになった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクシーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る