【スペック】全長×全幅×全高=5008×1868×1467mm/ホイールベース=2837mm/車重=1990kg/駆動方式=4WD/2.8リッターV6DOHC16バルブターボ(300ps/5500rpm、40.8kgm/2000rpm)/価格=695万円(テスト車=721万9000円/メタリックペイント=8万4000円/U字カーゴレール=2万2000円/リアシートエアバッグ=2万3000円/電動ガラスサンルーフ=14万円)

サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】

帰ってきた旗艦 2011.08.03 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
……721万9000円


13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。

全長5メートル超の堂々たるボディ

すでに海外のモーターショーで見る機会があったので、実車に触れるのは今回が初めてではない。しかし、いざ東京の街中に置いてみると、新型「サーブ9-5」は思いのほかボリューム感のあるクルマだった。全長は5メートルを超えており、ボディサイズは「メルセデス・ベンツSクラス」や「BMW7シリーズ」に迫る。同じスウェーデンの大型サルーン「ボルボS80」(全長4850mm)が、引き締まって見えてくるくらいである。

ビジネス上はオランダのスパイカーの傘下に入ったサーブだが、クルマそのものはかつての宗主、GMのコンポーネンツで成り立っており、車両のそこかしこにGMの刻印が見られる。クルマの土台にあたるシャシーは、GMグループ内で「イプシロンII」と呼ばれているミドルサイズFF(および4WD)向けのもの。オペルが主体になって開発し、オペルブランドとしては「インシグニア」に使用されている……と言っても、大半の人がピンとこないことであろう。インシグニアとは、かつての「ベクトラ」の後継車である。あちらではなかなか評判が良く、2009年の欧州カーオブザイヤーに輝いた。

2.8リッターV6ターボエンジンも、スペックこそ若干の違いはあるが、基本的にはインシグニアと共用と見ていい。BMWなら「535i」(3リッター直6ターボ)に匹敵する、300psおよび40.8kgmというパワー・トルクを誇る。なかなか比出力の高いエンジンである。その他、日本では2リッター直4ターボも選べるが、さらに本国では1.6リッター直4ターボというストイックなダウンサイズエンジンも用意されている。それでは、まずはデザインから見ていこう。

日本に導入されたのは、2リッター直4ターボの「ベクター」(FFと4WD)と2.8リッターV6ターボの「エアロXWD」(4WDのみ)の2グレード。
日本に導入されたのは、2リッター直4ターボの「ベクター」(FFと4WD)と2.8リッターV6ターボの「エアロXWD」(4WDのみ)の2グレード。
メーター類のグリーンの針がレトロな雰囲気を演出している。
メーター類のグリーンの針がレトロな雰囲気を演出している。
300psを発生する2.8リッターV6ユニットは6ATと組み合わされ、0-100km/h加速を6.9秒でこなす。
300psを発生する2.8リッターV6ユニットは6ATと組み合わされ、0-100km/h加速を6.9秒でこなす。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

9-5セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)【試乗記】 2003.4.19 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)
    ……415万円

    2003年2月8日から日本での販売が開始された新型「サーブ9-3」。3/5ドアのハッチバックボディから4ドアボディに変更された。上級モデル「アーク2.0t」に自動車ジャーナリスト金子浩久が試乗する。


  • サーブ9-5シリーズ【海外試乗記】 2001.8.29 試乗記 マイナーチェンジを受けたサーブ9-5シリーズ

    世界で最も小さな自動車量産メーカーにして、GMのプレミアムセグメントを担当する北欧のサーブ。1997年にデビューした「9-5シリーズ」は、ミドルサイズにして「上質」と「個性」を前面に押し出したモデルである。ライバルを迎え撃つべくマイナーチェンジを受けた同シリーズに、『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が、デンマークからスウェーデンで乗った。


ホームへ戻る